So-net無料ブログ作成

初詣 [旅話]

まだ正月の話か、と怒られてしまいそうですが、お許しくださいませ^^;
数少ないネタの一つなので……(笑)



さて、年が明けて早々に車が追突されてしまい、気持ちも萎えていたtoro家でありました。

が、とりあえず修理中の代車が来て、せっかくだから初詣に行こうかと大雄山は最乗寺に車を走らせたのでした。

途中で見える富士山が美しい。
fuji.jpg

代車ですから、何となく乗り心地の悪さは否めませんでしたが、それはそれで、新年早々の運の悪さから、ちゃんとお参りせねばと思っていました。

この後、最乗寺へと向かうのですが、大雄山の途中で大渋滞。

「え?」と思いましたよ。なかなか駐車場までたどり着けません。

行事がない限りはもともとあんまり渋滞するところではないし、初詣と言っても少し時間が経っていたので、大丈夫だろうと高をくくっていたのでした。(どんど焼きの日でもない……)。

でも、ビタっと動きません。

ちょっと経ってから、こりゃあ~だめだなと、夫T君も口に出したので、横道にさしかかったらすぐに下山したのでした。

これは今日は最乗寺に呼ばれていない。二人とも同様に思っていたようでした。

「最乗寺が呼んでない」というのは、過去に大雄山・最乗寺に訪れたときに起きた現象が思い出され、なぜかそういう風に思ったのです。

毎回、最乗寺に行くたびに、「何て気の強いところなんだろう」と思います。なかなかその気の強さは半端がないので、生半可な気持ちで行ってはいけないのだろうと感じていました。

なので、今回は呼ばれていないと。

代車だからいけないのかな? と思ったりもしましたが^^;


そうしてそれから1週間。

車が修理から返ってきました。


するとT君。「大雄山に行くか」と言うではないですか。

やはり同様に気になっている様子。

とっとと愛車を走らせました。


そしてたどり着いてみれば、すんなりと駐車場に入れました。「あ、今日は大丈夫なんだ」と、T君と思うことは同じ……^^;

入っていいとお許しが得られたようです。


最乗寺は、大雄山という山の中なので、階段をせっせと登らないといけません。

心臓がよくないT君は、早速ぜーぜーと言い出す始末。

入山してから奥の院までは行けないなあと思っていたのですが、私だけでも奥の院でお参りしなければいけないという気になり、T君に荷物を預けて一人で登ってきました。

なんと言っても心臓破りの階段が待っているので、T君は無理。私も躊躇しましたが、やっぱり今回はちゃんと行かないといけないだろうと思ったのです。いろんな思いが頭を駆け巡ると……。
tengu5.jpg
これです。奥の院までの石段をのこのこと登っていくと、最後に350余段の階段が待っています。

これがかなりの心臓破り^^;

登りきるとそこは奥の院。さすがにぜーぜーはーはーです。若干、脳貧血気味(笑)
tengu1.jpg
あ~何かがいらっしゃる場所だなあ、と思うような写真が撮れました。

光が入らないように、人が入らないようにと撮るとこんな感じ。
tengu4.jpg


奥の院の階段下にはもちろん、天狗様がいらっしゃいます。
tengu2.jpg

tengu3.jpg

山ならではの木漏れ日も。
tengu6.jpg

tengu7.jpg


「霊験あらたか」という言葉にふさわしいところだと思います。

しかし今年はやや気にやられました(家に帰ると小一時間爆睡しなければ復活できず^^;)。

さらに、来年はぜーぜーはーはー言わずに登りきれるよう、体力をつけねばと思ったとか思わなかったとか。




とにかく、家内安全、世界平和を祈って、大雄山をあとにしました。



T君が交通安全・事故防止のお札を授かったのは言うまでもなく。




おしまい。



以前、大雄山を訪れたときの記事はこちら
http://nekotoro.blog.so-net.ne.jp/2012-01-28
http://nekotoro.blog.so-net.ne.jp/2013-02-06
nice!(5)  コメント(6) 

オレだオレだ。 [家族の話]

寒いですね。この辺りはまだそんなに雪が降るという感じではなく、ただただ平野にありがちな寒さで、風が冷たい。

関東平野の寒さは、雪国の寒さとまた違います。風と乾燥と……。湿度が低いお蔭で、静電気もパリパリと発生しまくりです。

とにかく、インフルエンザやノロウイルスなどにやられないように、ひたすら手洗いを励行であります。



そんな寒い日が続いていますが、寒かろうが暑かろうが関係ない人々によって、またも夫T君の実家で悪徳商法どころかオレオレ詐欺発生でありました。

昨日のことです。

義母から携帯電話に電話がかかってきました。

「Tからお金がどうとかって電話がかかってきたんだけど」という義母。

聞けば、『T君が風邪をひいて病院に行ったけれど、そこに携帯電話とお金の入ったカバンを置いてきてしまって、そのお金が早急に必要だから用立ててくれないか』という内容のようでした。

私……大笑い。

「今朝は普通に出勤しましたから、それはオレオレ詐欺ですよ。とりあえず警察に電話をしますから内容を教えてください」と言って上記のことを聞きだしたのでした。

ついにかかってきたかと。やっぱりかかってくるのかと。それでも騙されなくてよかったと。

そしてすぐに警察に電話を入れ、聞いたことを話すと、早速T君の実家まで警察官が来てくれました。

私も一緒に訪ねていき、固定電話の着信履歴を見ると4回も電話がかかってきていたという事実が発覚。

なので、よ~く、よ~く話を聞いてみると、「用意をできるお金はこれくらいだ」とか、「預けている銀行は近くではないし」とか、「郵便局での引き出しは~」といったことを、その電話をかけてきた主に言っているようなのでした。

どうやら、少しは騙されかけていたようなのです。お義母さん、話しすぎ……。

「Tの声に似ていた」、「Tは風邪をひきやすかったし」とか言っているし……。

でも、少し話をしていてT君とは職業(職種)が違うとわかり、さらに「名前の漢字を言ってみてくれ」と相手に尋ねると、全く違う漢字を答えたと言うのです。(T君の名前は、知らなければ読めない漢字なので、その点見破りやすい)。

そうして「年寄りを騙しているんでしょう」とかなんとかと言っているうちに、電話は切れてしまったということでした。

いや本当に、未遂で済んでよかった。

思い込みが激しい人は、銀行でオレオレ詐欺とわかって警察に通報され、警察官が来ても、それでも振り込んでくれと言うそうです。昨日来た警察官は、「説得するのに1,2時間かかった例もある」と言っていました。

何か、たまに電話がかかってきて頼られると、親というものは必死になってしまうのかもしれないなあと思うわけで……。

「そんなお金くらい自分で用意しろ」と、私だったら言うのですが、そういうわけにもいかないのでしょうね。


日に日に手口も巧妙化されていると言います。もしT君の職業や名前の漢字までもリストで手に入れるようなことがあったら、義母も本当に騙されてしまうかもしれません。

気をつけなくては。



オレオレ詐欺も、電話をかけるのは息子のいる家庭ばかりと思っていましたが、「娘さんが事故を起こして……代わりに電話をかけているんですが……」といったような手口でかけてくることがあるということです。

http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki31/main.html

あと銀行振り込みなどではなく、現金で持ってこさせて、途中でひったくりのような形でお金を盗って行くという手口も増えてきたということです。

みなさん、どうぞお気を付けください。



しかし、許せない犯罪。T君の実家に飛んでいかなければならない私も、いい迷惑なんですよ。



そろそろ義母の一人暮らしも限界に来ているのかもしれないと思うのですが、何か事が起こらないと息子というのは動きそうもなく、義兄夫婦に全面的に見てもらっている手前、そんなに話もできないで、少々困っている次男妻なのでした。

でも下手に手を出すと、あれやこれややらされる羽目になるのは目に見えているし、ものすごく難しい立場。

今回のことで警察に電話したり、飛んで行ったりしていることを感謝してもらえるわけでもないですからねえ、何だかね…です。

犯人と鉢合わせ、なんてことが起きたりしたら元も子もなく、私も怖いだけなので、何とかしてほしいものだと思っている次第であります。(←愚痴です^^;)



おしまい。
nice!(3)  コメント(4) 

今年も [悼み]

19年経ちました。

もう阪神淡路大震災を知らない人も増えてきているようです。

私は勤めていた会社をちょうど辞めた頃で、その日は失業保険の申請のためにハローワークへ行く日でした。

京都在住でしたので、激しい揺れといっても震度5強。いま住んでいる場所で経験した、東日本大震災の時と同じ強さの揺れでした。

でも初めての大きな揺れを経験し、その後に報道される震災の状況を見るにつけ、恐怖心が次第に強くなり、非日常の中に放り込まれたような気がしていました。

震源地に近い被災地に比べれば、大したことはなく、震災後は全く問題なく日常生活を送っていたにもかかわらず。

だけど、あの時の近畿地方のTVは、何ヶ月にもわたってCMの流れない震災関係の番組を流し続け、震災色一色。

この間、一度名古屋まで遊びに行ったことがありましたが、名古屋では全く普通のTV番組が放送されていて、ずいぶんと驚いたことを思い出します。

関西とは温度差があると。

その後、東日本大震災が起きて、同じことを関西でも感じました。

震災の話をしようとすると、関西では「阪神淡路大震災」が震災で、東日本大震災は震災ではなく、あくまでも「東日本大震災」。

震災というと「阪神淡路」になるのでした。

同じ国内でも、こうも違ってくるのだなと、両方の震災を経験して感じたことです。


心を痛めるのは同じだと思いますが、距離と時間は反比例しているのかもしれません。

震源地までの距離が長いほど忘れる時間は短い。遠いほど早く忘れる。

もちろん印象の持ち方、たとえば被災者に親戚がいるとか、知り合いがいるとかで異なるとは思いますが。


東日本大震災では、いろいろな流通網、生産現場で物が動かず、首都圏でもスーパーの棚に商品がないということが起きました。

阪神淡路の時は、直下型で津波は起きず、被害もピンポイントと言っていいほどの範囲でしたので、東日本ほどの騒ぎにはなっていません。

でも、あのときの異様な雰囲気。ハローワークに行くまでの道がいつもと変わらないはずなのに、一気に風景が変わったように感じました。心象が変わったということなのでしょう。

一生忘れることはないと思います。




続きを読む


コメント(2) 

カチバス [音楽]

カテゴリーを音楽としていいのかどうかだけど、音楽劇ということで、このカテゴリーでいいかな。

先日、本多劇場へ「Musical KACHI BUS」を観に行ってきました。
kachibus-1.jpg


本来であれば、芝居なるもの、あんまり好きではありません。なぜかというと、説教くさい、あるいは前衛的過ぎて何が何だかわからない、というのが多いので、さっぱり魅力を感じないのです。

ついつい観ていて、「あんたに説教されたくないわ」とか、「一体何を表したいんだ?」とか、心の中で文句を垂れてしまうのです。

お芝居のよさというと、ライブ感であるというのはわかるのですが、内容や出ている役者さんに非常に左右されるし、脚本家や演出家の腕にもかかっていますものね。

そう言うと、クドカンは好きなので、大人計画を一度は観に行ってもいいのかもしれませんが、三谷某さんは好きではないので、人気はあるようですが、一生観に行くことなないだろうと思っています。要するに脚本と演出にかかっていると。

そんな私がこのミュージカルなるもの……どちらかというと音楽劇といったほうがいい「カチバス」をなぜ観に行ったかというと、舞台となるのが十勝のバス会社の話だったから。

十勝好きの私が観に行かなくて、誰が観に行くんじゃいと(笑)

それと、主演がTEAM NACSの森崎博之くんだったから。

TEAM NACSのメンバー森崎くん以外は、ほとんど東京で仕事をしています。観ようと思えば、いくらでも芝居に出ているような感じなので、いつでも観られるような気がするのです。

ところが森崎くんは、どちらかというと今でも北海道で活躍をしている人。あまり東京には出てきません。なかなか観ることができないだろう人というのが一つの理由。

さらに、TEAM NACSのなかでも森崎くんが好きだから^^

「ガハハ」というおおらかな雰囲気が実にいい印象を与える森崎くんは、北海道では食育や農業のPRをガンガンと続けていて、何だか北海道の良心と言えるような人。もうね、北海道愛を一身に背負っているんですよ。とっても頑張り屋さんな感じ。

こんな番組もやっています。→森崎博之のあぐり王国

いやー本当にもうタイプなんですよ。夫T君とは真反対な感じですけどね……(笑)


それでこのKACHI BUS。

倒産寸前だった十勝国際バス(カチバス)をどうやって立ち直らせていったか。その社長となった森崎くん扮する「文太」の奮闘記です。実際に帯広にある十勝バスで起きたことを題材にしたお芝居でした。

実際の十勝バスはこちら→http://www.tokachibus.jp/

帯広に一人旅をしたとき、十勝バスを利用させてもらいました。そのとき、路線バスなのに、観光地へ行きやすい「日帰り路線バスパック」などが企画商品として売られていて、とても便利に感じたことを思い出します。そして私と同様に一人旅であるだろう女性も何人か利用している姿を見ています。

ありがたい商品だったなあ、とそのときは思っていたのですが。

今回、このお芝居で、そういった企画商品が生まれるまでの背景を知ることができて、妙な感動を覚えました。

会社を立ち直らせるなかで、懸命にお客さんのことを考えた結果生まれた商品だったということ。お芝居を観なければ知らずに終わっていました。

それから、バスに乗っていて思ったことなのですが、通常は大きなショッピングセンターの場合、敷地外にバスの停留所があって、そこからかなり歩かないとショッピングセンターに入れないということが多いと思います。ところが、十勝バスはショッピングセンターの敷地にぐんぐん入って行って、お店の正面玄関の前にバスを横付けしたのです。

「あれ?」と思いました。「北海道だから、雪の多いときを考えて、ここまでバスを乗り入れるのかな」と。

いやいや、そうではなかったようです。これも十勝バスで働く人の考えが反映されていたと、お芝居を観てわかりました。

なるほど、と。

そんな便利な十勝バスになる前は、倒産寸前となるほどバスを利用する人が少なく、にっちもさっちもいかなくなっていたようです。

お芝居はそこから始まるのですが、経営を再建するために奮闘する若き社長に扮する森崎くんが、実際の個性をそのままに熱く暑く演じるのですよ。

森崎くんにぴったりのお話でした。

北海道愛、十勝愛が充満していて、気持ちがいい。笑いあり、涙あり、ですよ。

出演している役者さんも、ほとんど北海道出身の人を起用していて、そんなところでも入り込む感じがあるのかもしれません。

気持ちがとてもこもっていて、本当に心地のいいお芝居でした。

ちょっとひっかかったのが、「ドラッカー理論に基づいて」っていうところだけかな。実際でもドラッカーの考え方を用いて、経営を立て直したのかもしれませんが、これを表に出すと、どうしても固有名詞にありがちな違和感を覚えてしまい、これは要らなかったのではなかろうかと思いました。つまり、ドラッカーの宣伝ではないんだからと。

でも、楽しめたお芝居だったので、これ以上は文句を言いません(笑)



本多劇場での公演は終えて、次は札幌、帯広での公演が残っています。札幌・帯広の劇場はパイが大きいので満席になるのかどうかというところのようです。

「帯広に来られるなら、帯広に来て、また観てください」と言っていたほどでしたからね。



私も帯広に行けるものなら行きたいと思いましたが、その少し前に函館・札幌の親戚に会いに行く予定にしているので、連荘で北海道に行くこともできないし。


ちょっと残念ですが、観られる人はぜひ観てほしいと思ったお芝居でした。(ただし、北海道好きな人に限る……かな^^;)


おしまい。
nice!(3)  コメント(4) 

年末年始の顚末 [日記]

2013-2014の年末年始はテンション低く維持して、体調を崩さぬよう乗り越えようという企みは、何とかうまくいきまして、無駄な二日酔いとか、想定外の風邪っぴきとかなく、過ごせたのでありましたが……。

まずは、我が家の宴会。

いつもの通りにいつもの面子が集まり、呑めや歌えやで楽しい晩を過ごしました。

当然、私はテンションを低くしていたい(疲れたくない)ので、お酒は控えめ。大きな声をなるべく出さずに、ひたすら料理にまい進し、何とか乗り越えました^^

そして翌30日夜中。30~31日にかけて、いつも行く飲み屋さんの忘年会に参加。

近所の仲のいい飲み屋さんの店主やお手伝いをしている人、そして何人かの常連さんと一緒に美味しいお酒とおしゃべり三昧。

このときじゃんけん大会が行われたのですが、勝ってしまいましてね……。3番目ではありましたが、寸志をいただいてしまいました。

その流れから大晦日。

大祓いの日に我が家ではお祓いをしてもらうことを、毎年の行事にしています。

しっかりお祓いをしてもらって、新しい年を迎えるというわけです。

向かうところもいつも通りに、相模の国の一の宮「寒川神社」。

ねぶたがお迎えしてくれます。
ねぶた2.jpg

ねぶた3.jpg

ねぶた4.jpg

ねぶた1.jpg

こぎんさんを思い出すこの風景。今年も来れたと、ほっとします。

初詣客を迎えるために清められた境内は清々しい。
寒川1.jpg

大祓いの神事のための結界。
大祓い1.jpg
大祓いの神事に参加する人は、ここに並びます。
大祓い2.jpg

我が家は午前中の早い時間に本殿でお祓いをしてもらいました。

そういえば、お札をお返しするときに、数珠を持ってきている女性がいて、お札の納め処にいた宮司さんに「数珠は神社ではないから置いていかないでね」と何度も言われている場面に遭遇しました。<そりゃ、持っていくならお寺さんでしょ…。>と思いながら、ちょっと横目でその様子を見ていたのですが、それでも置いて行こうとする女性で、だんだんと言葉がきつくなる宮司さん……。

何だろう、何とも言えない違和感を覚えました。女性がよくわかっていないのがいけないのか、宮司さんの対処が悪いのか。でも数珠がお寺だよなあ~。ふつう、そう思うよなあ。そうでもなければ土に埋めれば(戻せば)いいのに、と思うオバサンでありましたが…。



さて、ここでは、これまた毎年恒例のおみくじ引き。

今回の結果は中吉でした。あんまりよくない^^;

「いつか来る雪解けまでじっとしていよ」というお言葉でして、その内容もあまり前向きではなく、籠っていたほうがいい……という感じでした。

アグレッシブに活動することはよくないみたいで。

夫T君は大吉を引いていたので、これはおとなしくT君についていけばいいかと、消極的な方向性で参りたいと思いました。

うん、久々に内容のよくないおみくじだった……^^;


その後は姉の家(実家)で、姉と仲のいい地元の飲み仲間さんたちと飲んで食べて紅白を見て、年を越しました。

あまちゃん、よかったね~♪

AKB関連はちーっともよろしくなかったよ。



そうして1,2日は食っちゃ寝えの寝正月とし、3日は初打ち(ゴルフ)に行ってきました。

ありがたいことに、暖かい日で冬でもゴルフ日和という感じで、楽しんできました。




が、……。

この帰り道で残念なことが……。


東名高速道路の大渋滞にはまってしまって、ずーっとノロノロ運転ですよ。

止まったかなあと思うと、ふわーっと動き出したり、そんなことの繰り返し……。

そんな中……追突されてしまいました( ̄□ ̄;)

このとき、T君は後ろの車の雰囲気が変だと察していて、後ろにわからせるために、何度かハザードランプを点けるかどうするかという感じでブレーキを踏んでいたのです。

私も前の車の止まり方があんまりにもふわーっとしていたので、「あぶない、あぶない」と何度も言っていたところでした。

そうしてまたふわーっと止まったところに、ガシャンと。「やってくれたねえ~」でありますよ;;

ぶつかってきた車の運転手曰く「ぼーっとしていた」んだそう……。

T君の運転は高速道路上は「100㎞以上出ていないと死んでしまう~」というくらいスピードをそれなりに出す人なのですが、車間距離はきちんと取っているので、追突をするなんてことはありません。

このときも、追突された勢いで前の車にもぶつかってしまうなんてことはなく、うちの車の被害だけで済んでよかったのですが。

しかしですよ。ゴルフの帰り道ですよ。肉体疲労もあり、渋滞でちっとも進んでいなかったこともあって、精神的なダメージが大きく、高速道路上ということもあって、警察が来るまでなんとなく怖くてねえ。

渋滞中だから走っている車もそんなにスピードは出ていないとはいえ、それでも、一般道に比べると、ちょっと渋滞が緩和されたときなどは、なんとなく早く通り過ぎているようで……いや~怖かった。

小一時間、路肩で待たされる不安の大きいことよ。

ぶつかってきた車は、ちょっと古い型の国産車で、気の毒なくらいフロントが破壊されていました。



新年から当たりがいいったらない(笑)







現在は、ビルトインコンロの調子が悪く、洗濯乾燥機の買い替えもしなくてはならん状態でして、妙なテンションであります。家電品が調子悪くなるのって、同じような時期ですよね、まったくねえ。

しかしとりあえず、少しずつでもこなしていかねば。



そんなこんなの年末年始でした。



おしまい。













おまけ。

那智勝浦在住のギタリスト。話は面白いし、ギターは上手だし、びっくりした。こんな人がいようとは。
nice!(3)  コメント(4)