So-net無料ブログ作成
検索選択

親戚に会う [旅話]

今回、北海道を訪れたのは、親戚の家に行くためでした。

80を過ぎたオバの二人が病気になり、治療を続けていると聞き、万が一、会えなくなってしまう前に会っておかなくては、という気持ちからです。

とくに、函館近郊に暮らすオバは遠い親戚にあたるため、本当にもう会えないかもしれないという気持ちが強くありました。姉はこのオバに何度か会っているのですが、私は二度目の対面。初めて会ったときは母にとてもよく似た人と思って驚いたことを思い出します。

とはいえ、あまり対面をしていない私より、やはり姉は思い入れが強いようで、とても気にしていました。

はじめ姉は「toroちゃんはほとんど会っていない人だし、函館に寄るのはやめようか」と言っていましたが、「いま行かないで、いつ行くのよ」と私が姉の背中を押した次第。

それで会いに行くことが決まったのです。

ところが、こちらから函館にたどり着くまでのすったもんだは前記事の通りで、函館で着陸ができずに新千歳に着いたとき、オバのところへ電話をした姉にオバが一言……「もう来なくていい」と言ったようなのでした。

「もう来なくていいって言っているよ~」と困ったように私に言う姉。

おそらく私たちを心配して言ってくれたことなのだろうと思うのですが、不器用な言い方が何とも(笑)

函館になかなかたどり着けないし、オバには「来るな」と言われるし、妹をあまり知らないところへ連れて行くことになるしで、姉も逡巡したのでしょう。

「どうしよう……。行くのをやめる?」と言い出しました。

いやいや、「いま行かないでどうするの?」と。せっかくここまで来て、会わないでどうするんだと、私は思ったわけです。

とにかく、函館に着いたらタクシーを飛ばして行こうと決め、オバの家での滞在時間は2時間でしたが、訪ねていったのでした。

着けば、もちろん歓待です^^

おなかがすいているだろうと「おばさんが作ったサラダだけどね」「おばさんが作った果実酒だけどね」「おばさんが漬けた漬け物だけどね」……と次々食べ物を出してきます。

そして、母や母の親族まで話はおよび、しゃべり倒すことしゃべり倒すこと(笑)

息子たちは独立し、夫に先立たれて、いまは一人暮らしのオバでしたが、やはり寂しさもあるのだろうと思いました。その思いが、おしゃべりにも表れていると^^;

短い時間でしたが、やっぱり会えてよかったと思います。

病気のせいで痩せてはいるようでした。昔、私が会ったときのように母に似ていると思った面影もありませんでした。

でも、部屋の中はきれいに片付けられていて、スタスタと歩いてあれやこれやしている姿を見て、ほっと一安心。大丈夫そう……。

名残惜しくも、私たちはオバの家を後にしましたが、第一の目的を果たせて満足の一日でもありました。


翌日は札幌近郊で暮らす伯母の家へ。こちらは母の姉にあたる人です。

やっぱり姉になると母ともよく似ているわけで、それがおもしろくて笑ってしまうのですが、母の従妹と同様に料理をあれやこれや作って待っていました。

大きな手術をした後だということで心配をしていましたが、会えばいままで通りに背筋もしゃんと伸びていて、てきぱきと動いている姿は80も半ばに見えない元気さ。子宮頸がんと大腸がんの手術を立て続けにしたとは思えない姿でした。

「東京オリンピックまでは生きられると言われた」と言っていましたから、本当のことはわかりませんが、でもたぶん大丈夫でしょう。

長生きをしてほしいと思います。

伯母の家には従姉妹や従姉の息子家族も来ていて、あーだこーだとおしゃべりをして5時間。さすがに長居をしてはいけないと思い、伯母の家を後にする私たち。

この頃の札幌近郊は、寒波の影響で伯母の家の周辺もかなりの雪で埋もれていました。それでも従姉妹や従姉の息子家族は車で伯母の様子を見に来たりしているのですよね。

もうさすがです^^

タクシーもぐんぐん運転して来てくれるし。

逞しさを感じるとともに、我慢強さも相当なものなのでしょう。見習わなくてはとも思いましたよ。

そうして第二の目的も果たせて、私たちは大満足。


あとは少しの観光と、少しの買い物と、美味しいものを食べればおしまい。

大忙しの二泊三日の旅でしたが、とっても濃い時間を過ごせて、充実の旅となりました。



以下は少しの観光で撮った写真から少し。

雪まつりの開幕直前。なんの雪像か謎……^^;
雪まつり1.jpg

雪まつり2.jpg

雪まつり3.jpg

自衛隊員さんたちが張り付いて、せっせと雪像を作っています。
雪まつり4.jpg


初めて藻岩山に登ってみました。新しいロープウェイやケーブルカーになったのだそうです。
藻岩山1.jpg

札幌の風景。遠くは石狩湾。
藻岩山2.jpg

藻岩山3.jpg

山並みも美しい。
藻岩山4.jpg

パノラマ写真も撮ってみました(クリックで大きくなります)。
パノラマ.jpg

だだっ広くて、大好きな北海道の風景です。
nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

函館までの道のり [旅話]

ぽっかり更新が滞っていました。相変わらず、やる気がないというのもありますが、仕事部屋がことのほか寒く、さらには仕事もないので、仕事用のPCを起ち上げることもなく……というのもありまして、放っておりました^^;

自堕落です(笑)

とはいえ、先月末にはまたも旧友と会い、今月初めには親戚を訪ねて北海道に行ってくるなど、それなりに活動はしているのですが……。

この北海道行に、道中のてんやわんやがあって、面白かったといえば面白かったのですが、とーっても大変な状況に陥っていました。

その話をばひとつ。

とにかく、つまづくこと、つまづくこと(笑)

まずは、行きに乗る予定であった飛行機が欠航となってしまいました。その欠航を知ったのが前日。理由は天候ではなく、エアドゥー機の故障で機材繰りができなかったことによるものだったのですが、その前々日までは新千歳便が欠航していたので、函館便は大丈夫だろうと思っていたのです。それにもかかわらず……。

慌てて予約をしたANAのツアーデスクに電話をすれば、電話の向こうではごちゃごちゃとしていてすぐに返答が得られず。折り返しの電話を待ちました。

そして折り返し電話がかかってきたならば、ANAが同時刻に臨時便を出すことになり、とくに問題はないという返答があったのでした。

ほっと一息。つまづきは乗り越えられました。

そして翌日。搭乗予定の飛行機は早朝の便だったので、夫T君に車を出してもらい、途中で姉を拾って羽田空港へ。

臨時便への振り替えですから、カウンターでボーディングパスを出してもらって、荷物を預けて、さあ、函館へ……と相成りました。

函館に朝早く到着する予定なので、朝食は朝市にでも行くか…なんて話しながらの道中で、飛行機は順調に飛行。

順調に飛行。

順調に飛行。

順調に飛行?????

ふと窓の外を見ると函館上空まで来ているのはわかりました。でも風景がずーっと一緒で、妙にゆっくりと飛行をしています。

「なんか、ずっと風景が変わらないんだけど」と姉と話をしていると、機長からのアナウンスが……。

「函館空港に雪が降り積もり、除雪が必要となっています。その除雪作業が済むまで上空で待機します」

「ああ~、そういうわけね」

ということで除雪が終わるまで函館上空を旋回、旋回、旋回……。

合計4回は旋回しました。

しかし、乗り込むときは条件付きではなかったので、「聞いてないよ~」と複雑な心境。

予定していた時間も刻々と過ぎ、後ろに座っている人は、法事だか葬儀だかに出席するためだったのでしょう。喪服を着ていて、イライラしている様子が窺えました。

こちらも函館で朝食をとって、それから親戚の家まで電車で行こう、などと考えていたので、おなかは減るわ、もちろん予定は狂うわ。

そうこうしているうちに、ようやく着陸ができそうだというので着陸態勢に入りました。

グラグラ揺れながら高度を下げていきます。小さいエアポケットが何度もあって、一瞬酔いそうになりましたが、なんとか我慢できる感じ……。

でも後方では子どもが泣く声が聞こえてくるし、「気持ちが悪いんだろうなあ、可哀想だなあ」なんて思っていました。

そしてだいぶ高度が下がり、「いよいよ着陸か」と思ったら、エンジン出力全開な音。

急上昇ですよ……。

「あぁ~」

あっちこっちから落胆の声が聞こえてきます。

「ダメか~」

笑い事ではないですが、なんにせよ、あまりの急上昇で、「機長がヤバい、って言ってそうだよね」と姉と顔を見合わせて、笑ってしまいました。

そうして再び函館上空で待機ですよ。やっぱりこれは欠航になるべき便だったのかもしれないです。

もうあまりに時間がかかるので、隣では、姉は持ってきた仕事を始める始末。

私も私で、何時間かかるかわからないからトイレにでも行っておこうと席を立ち、ついでに近くのCAさんに話を聞いてみました。

条件付きではなかったし、函館に降りるのだろうと思っていたけれど、「新千歳(札幌)に行くっていうことはあるんですか?」と。

すると、「機長は一言も新千歳に行くとは言っていないんですよ。なので、函館に着陸する気でいるのだと思うのですが……」と言います。

「さっきの着陸は惜しかったですよね~」と私が言うと、CAさんも「着陸できると思っていました」と言ってきます。

彼女は「この後の予定は大丈夫ですか?」と恐縮しながら聞いてきましたが、「天候のことだから仕方がないですよね」と私。

「そう言っていただけるとありがたいです」とCAさん。

そりゃ、安全に着陸するほうが大事だと私は思うわけで。


しかし、いい加減に燃料がなくなるんじゃあないの? という雰囲気になってきたころに、再び機長からのアナウンスが。

なんと「函館空港への着陸が見込めないので新千歳空港に向かいます」と言うではありませんか。

「えぇ~!?」 

「そんな~」

機内のざわつきは半端じゃなかったです(笑)

皆、いい加減に待たされているので、「どうすりゃいいんだ!」ですよ^^;

新千歳に向かう間は、「その後の予定をどうするのか?」「函館までどうやって行けばいいのか?」等々、CAさんに聞く人もいれば、乗客同士で話をし始める人もいる。

地上へは電話ができないし、待っている人もいるわけで、やきもき、やきもき……。

何とも言えない不穏な空気が流れます。

そして新千歳に近づいたところで、またも機長のアナウンスが。

「新千歳空港で給油をして、函館空港に向かいます」

「ええ~!?」

「なんですと~!?」

またも騒然(笑)

結局、燃料が不足していて2度も3度も着陸をトライするのが難しいと考えた様子で、給油をするために新千歳に行先を変更したようなのでした。

それはいいとして、新千歳に着陸をして、再び函館に向かうとしても、どのくらい時間がかかるのかさっぱりわかりません。

地上で待っている人に連絡をしたいと思っても、携帯電話は使えず。電話が装備されているような飛行機でもない。

<一体どうしたらいいんだ?>と誰もが思ったと思います。

新千歳に無事に着陸してみれば、飛行機から降りることは許されず缶詰状態。「せめて、電話をかけさせてくれ」とCAさんに言う人多数。

ゲートに着いたとき、ようやく電話をすることが許されました。

一斉に携帯電話に電源を入れる人々。もちろん私も、姉も。

姉は真っ先に、待っている親戚の家に電話をしました。年寄りなので、飛行機が到着しないことを知る由もないのではないかと思っていたのです……。しかし、空港に電話をしてくれていて、遅れているということがわかっていた様子で、ほっと一安心。

私は私で携帯を見るとT君からメールが何通も。

見れば、<函館上空で待機のようだな><新千歳に変更されたな。函館をあきらめるんだな><前後の飛行機はみんな到着しているぞ>とつぶやくようなメールの数々。

地上のほうがよくわかっているじゃん、と思いましたよ(笑)

しかし、他の飛行機が到着していることを知ったとき、なんて運が悪いんだろうとも思いました。

全く。

さらにはT君から<10時50分発だ>というメールが。さすがにこの文面を読んだとき、機内の人間にちゃんと知らされていないことに驚いたり。

結局、給油を待って、T君が伝えてきた定刻より30分近く後に、再び函館に向かって新千歳を飛び立ちました。ここまでかかった時間は4時間超。

そして新千歳から函館までは、およそ40分。

函館に着いたのはお昼すぎでした。羽田から函館まで、たどり着くのにかかった時間は合計5時間。

その後は、16時過ぎの函館~丘珠(札幌)空港行の飛行機を予約していたので、それに間に合うように親戚の家へタクシーを飛ばし、2時間滞在して、再びタクシーを飛ばして函館空港に舞い戻ったのでした。

丘珠行も若干のディレイでしたが、こちらは全く順調に飛行し、ほぼ定刻に札幌に到着。
HAC1-1.jpg
函館~丘珠間のとってもドメスティックなプロペラ機。クリックすると大きくなります。

はからずも、一日で函館~札幌を1往復半してしまったという顚末でした。


飛行機はそれなりに利用はしているものの、こんな経験は初めてでした。

海外を含め、もっと利用をしている姉も初めてとのこと。

後々、話のネタになるので、それはそれでよかったですが、何とも密度の濃い一日になったことは間違いありません(笑)

疲労困憊で、ホテルに着けば、姉は爆睡。私は気圧の変化にやられて頭痛でダウン。

しかし、8時過ぎにはむっくり起きて、美味しいものを食べなくちゃ! と使命を帯びた姉妹はすすき野へと足を延ばすのでした。

↑懲りてない。



車の追突といい、飛行機の大幅な遅延といい、今年は交通に注意しなくちゃいけないなと、ちらっと思いました。要するに呼ばれるタイミングではなかったのかもしれないとも、ちらっと思ったんですけどね^^;

そんなこんな。


おしまい。




しかし、今日も雪ですねえ~。寒い、寒い。
nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感