So-net無料ブログ作成
検索選択

不耕起ってなんぞ? [食・料理・酒]

GWが始まりましたね。

ちょっと浮かれたいところですが、夫T君は全くの暦通りの出勤で、飛び石も飛び石。月水金の出勤って……一日くらい休んでもいいんじゃないの? と思うものの、ここはしがないサラリーマン。上司たるもの、若い子たちに休みを取らせてあげないと。でも自分は出勤しないと会社が困るっていうんで、会社に行かなくちゃいけない。

ま、そういうことは順番だものね。

ということで、私も暦通りの仕事を……と思ったものの、取引先は長ーいお休みに突入してしまいました。

ま、それもそれ。お客様には従わないと。


そんな貴重な(?)お休みの一日。だんだんと早起きが習慣となってきた我が家は、早朝から起き出してぼうっとしておりました。

でもせっかくの休日、もったいないなー、と思って、提案したのが「私を産直市場へ連れてって」(笑)

車の運転がへたれ(もう完全なペーパードライバー。最後に運転したのはいつだったか^^;)なので、T君に車を出してもらわないと行けないのです。

さらにいえば、何も提案をしなければ、本当に何もしないT君。それじゃーつまらんだろと。車だって動かさないとバッテリーが上がっちまうだろと。ということでおケツを叩く。

で、連れて行ってもらいました。藤沢にあるJAの産直市場
9:30オープンだというので、8:30を少し回ったころに家を出ました。そして車を走らせることおよそ30分。うちからはひたすら一本道を南下するという感じなのですが、近いようで意外と時間がかかる。渋滞しやすい道なのでね、ここはちょっと不満。しかし、オープンの15分前に駐車場に入ってみると、もうお客さんが並んでいる。

「なんだ? なんだ?」と行ってみると、「杉山さんのトマトはこちらにお並びくださ~い」と女性が叫んでいる。

「杉山さんのトマト?」

聞いたこともなく、評判のトマトなんだろうかと、頭に疑問符を浮かべながら、いったんは入店だけの列に並びました。

でもなんとなく気になる。

「お一人3袋までで、45人ほど購入ができます~」「最後尾の人は買えないかもしれません~」なんて叫んでいるし。

見れば、いま並べば買えるかもと思われるほどの列。えーい、並んじゃえとT君と2人で「杉山さんのトマト」の列に並んでみました。

どちらにせよ、我が家は3袋もいらないし。

そうこうするうちに、入店だけするほうの列が動きだし、ぞくぞくと店に入っていくお客さんたち。トマトを買うだけに待っているのも何なので、T君をトマトの列に残し、さっさと入店して私は買い物を始めました。

朝掘りの筍、春キャベツ、葉付の大根にニンジン、クレソン、ホウレンソウ、小松菜とどっさどさとカゴに入れて、さらにはスイトピーがいまが旬とばかりにたくさん置かれていたので、それもカゴへ。

そんなに安いわけではないけど、高くはない。地物で新鮮というのが、こういうところで購入するよさだよなあ、と思っているとT君がカゴにトマトを入れてやってきた。

それがこれです。
tomato-1.jpg

不耕起栽培? 自根?

品種はミディトマトでした。トマトも当たり外れがあって、全然味がないのではないかと思うものもあるし、青臭くて食べにくいのもありますよね。

昔はあまりトマトが好きではなく、過熱したほうが美味しいと思って、煮たり焼いたりばかりしていました。でも、生でフルーツのように食べやすいトマトが出てきてから、生のトマトが食べられるようになり、それだけではなく、いろいろな地方で作られているさまざまな品種のトマトを、とにかく試してみるようになったのです。

やっぱり当たり外れがあるからね^^;

高知の塩トマトも美味しいし、静岡のアメーラも美味しい。アイコも食べやすいし……。本当にいろいろな品種(ブランド)が出てきましたよね~。

それでこの杉山さんのトマト。ミディトマトというと、いまではスーパーに普通に出回っている品種です。多く出回ってるだけに、これも当たり外れが結構あるよなあ、と思いつつ、でも並んでまで買う価値のある杉山さんのトマトなのだろうな、と。

見れば「不耕起栽培 自根」とある。これはなんぞ?

調べてみました。

大辞林さんいわく「作物の収穫後、田畑を耕さずに種をまいたり苗を植えたりする栽培法。土壌侵食の防止や作業の省力化などの利点がある」。

耕さないで栽培すると、しっかりと根が生え、しっかりとした作物になるのだそうです。そして耕さないからこそ、反対に土が痩せないというメリットがあるんだとか。耕せば耕すほど、いろいろな要素が巻き込まれて、土地は痩せていくのだというのです。

うむ。確かに、頭で考えただけでもそれは理解できる。

要するに、植物本来の強さで成長させるという栽培方法ということなのでしょう。

デメリットとしては、病気が蔓延しやすい、干ばつに弱いということもあるらしいです。

なるほど。知らないことでした。勉強になりました。


そういえば、従姉のところのレタス畑の写真を見たら、回りが雑草だらけで大丈夫なのか? と思ったりしたことがありましたが、たぶん、不耕起に近い栽培方法だったのではないかと、いま合点がいきました。

こんなサイトもありました。日本不耕起栽培普及会

農業も奥が深い……。


さて、お味のほうはと申しますと、甘味もあるし、果肉もしっかりとして美味しかったです。当たり。

でも並んで買わなくてはいけないほどか? と思いもしましたが、この不耕起栽培であるという付加価値が、並ぶほどの価値にしているのかなと。

ここは勉強不足、情報不足^^;



ということで、美味しいもので学ばせてもらったという休日となりました。



おしまい。
nice!(8)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

チリゆくサクラ [日記]

STAP細胞の一連のあれは一体何なんでしょうね。再生医療で待ちわびている人もいるだろうに……。

本当にあるのかないのか、そこが問題なのに、何も誰も明快な答えを発することがないという……、半ば呆れる事態。

この発表があったときは、なんと素晴らしいことだと思いましたが、次々に明らかにされる小さい過ちの積み重ねに、「あんたたちは子どもかっ!?」とひとり突っ込みをしておりました。

報道される会見を少し覗いてみれば、だーれも責任を持ちたくない、なーんにも責任を負っている印象がなくて、驚いております。ここでも「あんたたちは子どもかっ!?」と突っ込む私……。

世紀の大発見とぶち上げるくらいなら、どんと構えて、どんと重い責任をおっ被るくらいの気概があってもいいんじゃないの? と思うのは私だけか。

あまりのみみっちさに笑えてきました。(蔭では利権やらなにやらが渦巻いているんでしょうけどね…理研だけに^^;)。

それより、TPPとか、福島の原発のこととか、復興特別税のこととか、しっかりと取材をして報道をしてほしいものがあるんですけどね~。何だかね……。

ま、いーや。



さて、ソメイヨシノもすっかりと散ってしまい、桜は終わりかあ~ってところ、うちからほんの数分歩いたところに「さくらの散歩道」という遊歩道があります。もとは水道道路と言われたところなのですが。

ここに遅咲きの八重桜がずずずーっとありまして、毎年満開のころには写真を撮りに行っているのでした。

それで、今年は……若干出遅れました^^;

ソメイヨシノも出遅れていましたが、その影響でこちらも、という感じでしょうか。だいぶ散ってしまっていました。

それでもこんな感じ。
桜1.jpg

桜2.jpg
この「ウコン」という八重桜が好きで、この桜はちょうど満開でした。緑がかった花弁の色が、とっても好みなのです。
桜4.jpg

この桜の名前はなんだろうなあ。
桜5.jpg
葉が茶色っぽいから山桜系なのかな。塩漬けにしたらよさそう。

そういえば、秦野市の千村地区は「八重桜の里」とも言われるほど、八重桜が栽培されていて、その花の塩漬けが有名なんだそうです。あまり知らなかったのですが、国内シェアの8割がここで作られているものなんだとか。

ちょっと行ってみたい、と思ったけれど、もう収穫されてしまったあとでしょうね……。

話は戻りまして、さくらの散歩道の八重桜。

こんな立派な枝ぶりに育った樹もあります。
桜3.jpg

最後はこんな感じのところも。
桜6.jpg

ほんの少し、地面が自然のままで残されている一角があるのです。もともと水道道路だったので、整備せざるを得なかったのでしょうが、ここは土の道が少しあって、なんとなくほっとする場所です。




うちの裏の森では、ヤマブキがわらわらと咲いていました。
ヤマブキ1.jpg
野生ですわ~。でも花は可憐ですね。
ヤマブキ2.jpg

ムラサキナノハナも咲いてました。
ムラサキナノハナ.jpg



もうそろそろ初夏が巡ってくるであろう風景でありました。

おしまい。
nice!(10)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

サクラとシロ [旅話]

この春先は、いつもなら、近所の飲み屋さん連中が行うお花見があるのですが、あれよあれよと咲いてしまったため、今年は開催されず。さらに我が家もばたばたとしてしまって、花見にも行けないと悔しい思いでいたのです。

が、「桜を見てないねえ」と恨めしくつぶやいていた私を見て、夫T君が提案してきました。

「小田原城まで桜を見に行こう」と。

この前の日曜日ですよ。

肌寒くて、今にも泣き出しそうな空でしたが、車のタイヤを夏タイヤに履き替えたこともあって、車を運転したいT君。ちょっとしたドライブでございました。

出たのが少し遅かったので、先に昼食を取ろうということで行った先はここ。

小田原魚市場
最初はアジフライの美味しいところということで「大原」というお店を目指していたのですが、待っている人がとても多かったので、ふらふらと歩いて見つけた魚市場の2階にある、「魚市場食堂」へ行きました。

後で知ったことですが、結構TVでも紹介されているところらしく、こちらも大人気で少々並びました。

全く何も知らない状況で並ぶこと数十分。回転がいいんですね~。思いのほか早く順番が回ってきました。

写真はないですが、お刺身定食とアジフライ定食を頼み、がっつりといただく私たち。お値段は安くはないですが、高くもなく、でも新鮮なお魚ですから、とても美味しかったです。お米も美味しかったんですよ~。たくさん炊くからかなあ~。


そうして満腹になり向かった「小田原城址公園」。

臨時駐車場に車を止めて歩いてみれば、回りはお屋敷町。小田原近辺にはちょくちょく行っているのに、こんな街並みがあるなんて……って感じでした。
さくら1.jpg

公園横にある小学校の塀にあるのは、海抜9.8mの表示。県内の海沿いの町には、こういう表示が増えてきましたね。
さくら3.jpg
やっぱり東日本大震災後は、こういう表示には敏感になりました。

ちなみに神奈川県の設置方針はこちら→

さくら2.jpg

たわわ~。
さくら4.jpg

小田原城。小さいね^^;
さくら5.jpg

さくら6.jpg

さくら7.jpg

さくら8.jpg

雲行きも怪しく、すかっと桜色という感じではありませんが、でも、日本人ならお花見をしないと! という思いが強く、ようやく行けたお花見でありました。

面白いことに、東京近郊で一番近いお城ということもあるのでしょう。外国人の観光客がいっぱいでした。しかも、東南アジア系の人は少なかったんですよね。中国語や韓国語もあまり耳にしなかったし……。好む場所が違うのでしょうか。

あ~、日本の歴史には興味がないということかなあ。でも京都には中国の人が大挙して来ているけど……。

ま、いーや。


最後に。
さくら9.jpg
何だかフィールドオブドリームスのよう^^;

「夏草や兵どもが夢の跡」ではないですが、門の向こうへ甲冑を着た幽霊が帰っていくように見えてしまいました。(←激しく妄想^^;)

北條氏の人々になるけれど。

北條五代祭りに再びこの甲冑を着た 幽霊 人たちは現れるそうです。


この後、ひょうが降ったり、ざんざ降りになったり、変な空模様でした。そういえば、春の交通安全週間に入ったところでしたから、小田原厚木道路は覆面パトカーばかりでしたよ。

ぐいーんと、覆面の横を通り過ぎてしまったベンツのワゴン。捕まっていました。あそこは気をつけないとね~(笑)



おしまい。
nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

セロリー セルリー の春。 [食・料理・酒]

家電製品の故障やら電話回線の接続不良やらと、買い替えや修理が続き、一時はどうなるかと思っていましたが、どうやら収束の気配です。よかった~。

電話回線は、数日前の風の強かった日から接続がされなくなったので、電線か家の中の回線のどこかで切れたのかと思っていたのですが、NTTは問題なし。そして家の中の回線を電気工事屋さんにあれやこれやと見てもらったものの、「繋がってんじゃん」と(笑)

回線の問題ではなく、モジュラージャックが犯人でした。経年劣化といいますか、結露による腐食だったようです。

一階の仕事部屋はやや地面を掘って作られているので、半地下とはいかないまでも、少し地中に入っているんですよ。そのせいか、壁に湿気がたまりやすいのではないかと思われ、その湿気が腐食を招いたようなのでした。

しかし原因がわかってよかった。

来てくれた電気工事屋さんいわく、「断線なんてするわけはねぇんだけどな」と。この家を作ったときに電気工事をしてくれた人なので、もちろん自信はあるわけです。しっかりと配管・配線がなされていれば、滅多に起こらないことなのです。

そしてまさにその通りで、断線などではありませんでした。簡単な部品の取り換えで済んで助かりましたよ。大工事になったらどうしようと不安だったのですが……。

ということで一段落。

こういう家電品の買い替えなどするたびに、いろいろなことを考えるんですけどね。修理したほうがエコだろ、とか。でも新製品のほうが電力使用量は少ないだろ、とか。それでも商品が作られるとき電力やらなにやらが使われるわけで、エコじゃないじゃん、とか……。悩みます。便利な生活に慣れてしまってもいますものねえ。

ここで停電なんてなったら、エライ騒ぎになるでしょう。何だかねえ。だからと言って原発再稼働とか、原発の建設なんて大反対だし。とにかく省エネしたい。できるだけ電力は使いたくないと思うわけです。

しかしPCに向かいながら何をかいわんや、ですよ。原稿用紙に文字を連ねていた時代が懐かしい。まーこういったことに関しては、考え出すと止まらないので、またいずれじっくりと思考いたしましょう。



はてさて、先日kaz-iさんのブログで、「江戸川セルリーの復活」という記事を拝見しました。タイトルのセルリーです。

以前、同様にkaz-iさんのブログで教えていただき、お取り寄せをして感動した伊藤農園の江戸川セルリー。残念ながら生産者だった伊藤さんが亡くなってしまい、あの美味しいセロリはもう食べられなくなったのかと悲しい思いでいました。

お初にお取り寄せしたときの記事→http://nekotoro.blog.so-net.ne.jp/2006-04-17

ところが伊藤さんの遺志を受け継いだ農家さんがいらっしゃると、またもkaz-iさんのブログで発見! 

茨城と沼津の農家さんが作られているということで、さっそく、近いほうの沼津の佐藤ファームさんへ注文をしてみました。

これです。
serori-1.jpg
もうねえ、立派でした。またあの江戸川セルリーに会えたのかと、感動です。

でも箱を見ると「セロリ―」と書かれている。「セルリーではなくなったのか……」と。

ところが。
セロリ-1.jpg

お料理をしようと、株を引き出してみたら、反対側に書かれていましたよ~。

「セルリー」。

ふふふ。うれしくなりますね。

1株1000円+配送料で、こんなに立派なセルリーがいただけるなんて、楽しいったらない。

佐藤ファームさんでは、レシピをコピーしたものを一緒に送ってくれていました。そしてさっそくそのレシピ集のなかにあった、セロリと桜エビ(←沼津ですから駿河湾の桜エビですよ^^)のきんぴらを作ってみたのですけどね。美味しくいただきました。

しかしこの季節「今年は3月20日(木)~4月26日(土)」だけのものなので、2人家族の我が家はまた来年のお楽しみとなりそうです。

kaz-iさん、ありがとうございました!





話が変わりまして、こんなところへも行っていました。
ハイレッドセンター-1.jpg
もう終わってしまいましたが、松涛美術館で行われていた「ハイレッドセンター:直接行動の軌跡」という展覧会です。

「前衛的な芝居はよくわからなくて観ない」とほざいていた私ですが、60年代に前衛芸術家だった先生(赤瀬川原平さん)について学んでいた時代もあったりして、その先生が行っていたハプニングの数々。

前言撤回か!? (笑)

こういうヘンテコリンな前衛芸術は面白いです。懐かしく見てきました。不思議な感覚にもなりました。

こんな動画もありました。

わかりやすく解説してくれています。面白いなあ~。

よかったら見てみてください。




ということで、ちょっとてんやわんやだった2014年春のお話でした^^;

おしまい。

nice!(3)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感