So-net無料ブログ作成
検索選択

弾丸京都② [旅話]

伏見稲荷を後にして、次の目的はこれでした。

伏見人形。
伏見人形.jpg

土人形が好きであったにもかかわらず、なぜ京都に暮らしていたころ、伏見人形に興味を持っていなかったのかと、いまさらながら不思議に思えるのですが、京都にいたころというのはものすごく忙しくて、仕事も家事も介護もと、やけくそになっていたということがありました。

自分のことはそっちのけ。

好きな音楽を聴くのを封印したのもそのころ。

とにかく自分の好きなことはせずに、働きまくっていたのが京都時代でした。

なので、いまになって、もう少し自分の好きなことをやっておけばよかったなあと後悔。でもあの頃の記憶や経験があるから、京都へは身軽に行けるようになったかなと思います。

普通に憧れるような京都ではなく、日常の京都を知っているので、気負いなく行けるというのがあるかもしれません。ガイドブックや地図も必要なく、あまりに身軽に弾丸するくらいなので(笑)

で、伏見人形です。東京の今戸焼の人形もそうですが、もとをたどれば伏見人形にたどりつくという、土人形の元祖といわれるもの。

詳しくは、毎度貼り付けているサイトですが、こちら→をご覧ください。とても興味深く読むことができます。

購入してきたのは、「羽織ねこ」と「羽織きつね」。ねこもきつねも顔の完成度が高いです。さすが伏見人形。

やわらかい表情が、土人形の持つ優しさを表しているようにも見えます。

訪れた伏見人形の窯元「丹嘉」さんは、商売っ気がないというかなんというか。お店のなかに入っても誰もおらず、インターホンを押しても応答はなく、犬が吠えるばかり(笑) 

ピンポンを鳴らし続けて、ようやく購入に至りました^^;

しかし、この人形はなかなか迫力がありますよね~→


さてこの後ですが、この日ははからずも「葵祭」が行われる日でした。雨になりそうだったので、翌日に延期されるだろうと思っていたのですが、この日の朝、公式サイトを見てみれば開催するとアナウンスされていました。

「あーそうですか」と。「じゃあ、ちょっとだけでも葵祭の行列を見に行くか」と思って、お昼ご飯をとった後に出町柳まで足を延ばし「下鴨神社」まで行ってみました。

糺の森の緑がきれい。人は多い……^^;
下賀茂5.jpg

案の定時間も経っていたので、行列は到着済みでした。そして、私がたどりついた先ではないところからその後の行列が始まるというので、結局見ることはできなかったのですが、「走馬の儀」を終えた馬を見ることはできました。

午年ですからね^^
下賀茂1.jpg

下賀茂2.jpg

下賀茂3.jpg

下賀茂4.jpg

皆さん、頭に葵の葉をつけておられます。

境内に入ると狂言が奉納されていました。
下賀茂6.jpg

ここにも葵の葉。
下賀茂7.jpg


もう一回、続きます。






またも雑談ですが、ポール・マッカートニーさんは、結局、韓国公演もキャンセルとなり、都内に入院されているんだとか(日本の医療ならOKでしょう)。

今日からチケットの払い戻しが始まり、私も払い戻しに行こうかと思っているところです。なんたって、S席17,500円! お高いでございますよ。記念に取っておくなんて気も起きない(笑)

武道館公演のアリーナ席100,000円なんて「ありえない~!」と叫びましたよ。

でも、土日に公演が予定されていた国立競技場には、遠方から来た人が結構いたようです。平日はなかなか休めないでしょうし、とってもいい機会だったのだろうなあと。

本当に残念。

ともあれ、若そうに見えても、今年72歳になるというのですから、大事にしていただきたいと思います。そして元気な姿で再来日してくれることを祈ります。

……72歳というと、母が他界した年齢でもあるんですよね~。悪い病気でなけりゃいいけど。


おしまい。

nice!(2)  コメント(4) 

弾丸京都① [旅話]

タイトル通り、旅話に後半はなりますが、前半は少し雑談を……^^;

一昨日(17日)のことです。皆さんもご存じの通り、ポール・マッカートニーさんの国立競技場での公演が、ご本人の急病により中止となりました。

私は、国立競技場駅のある大江戸線に乗り換えようと青山一丁目で降りたところ、大江戸線の乗り換え口の掲示板で中止を知りました。その瞬間は、「え~っ? なんですと~っ?」。

夫T君とは国立競技場で待ち合わせをしていたので、慌てて中止だというメールをし、そのまま帰路についたのですが、<ちょっと中止のアナウンスが遅すぎないか?>と不満を抱えつつ、そしてお休みだからと遠方から来ていた人たちを気の毒に思いつつ、でありました。

とりあえず、19日に延期でも我が家は行けるので、まーいいっちゃーいいわと思ったわけです。

そして翌日(18日)。この日は姉がポールの公演に行く予定にしていました。

<今日は予定通り開催されるんだろうなあ~>と思っていたら、姉からメールが……。

「今日も中止だってよ~;;」

「なんですと~っ?」

前日の私と同様に、姉も青山一丁目の乗り換え口の掲示板で知ったというのです。つまりは翌日も同じようなタイミングで中止が決まったという状況。<どうなってんの?>と思いながら、公式サイトにアクセスしてみれば、「延期された19日の公演も中止です」とある。……もうガックリですよ。

いくら近くとはいえ、そのためにこちらも予定を考えているわけです。さっさと中止を決めてくれたら、気持ちも穏やかに過ごせたろうに~と思いましたよ。

でもね。一方で、「これは国立競技場の呪いか?」と思いました^^;

AKBの公演も、確か中止になったと聞きます。

オカルト脳が考えるに、強引な建て替えに反対する、何やら見えない力が働いているのではないか? と妄想が渦巻きました。

あり得ない話ではない(笑)

ともあれ、ポールの体調が順調に回復し、どこかで振替公演がされることを願うばかりです。






さて、タイトルの弾丸京都。

いつもの通り、出かけるといったら、猫のTBちゃんのへたれのお蔭で弾丸にせざるを得ないという事情があり、今回も突然決めた弾丸日帰り旅行。

京都は暮らしていた場所でもあるので、勝手知ったるということもあって、日帰りはとくに問題はないのですが、目的はこちらでした。『伏見稲荷』。
伏見1.jpg

ちょっと気になっていたことがありました。

それは、母に持たされていた伏見稲荷のお守り。

生前、何を思ったのか「toroちゃん、鈴のついているものを持っていたほうがいいから。このお守りを持っていなさい」と言われて大きな鈴つきのお守りを持たされていたのです。これを化粧ポーチに長年入れっぱなしにしていました。

そして<いつかお返しをしなくては>と、気になっていたのでした。

そんなとき、T君が京都出張をするというので、最終日に便乗して私も弾丸するか、ということで行ったのです。
伏見3.jpg

伏見稲荷というと、有名なのは千本鳥居。
伏見5.jpg

伏見4.jpg

伏見6.jpg

時節柄、修学旅行生が多くて、どうしても映り込んでしまうのですが、こればかりは致し方ない。

欧米人や中国人の姿も多かったです。

伏見稲荷の境内を全部回ろうと思うと、結構距離があり、時間も思いのほかかかります。何しろ弾丸なので、それはご勘弁をさせてもらって、ちょろっと有名なところだけを写真に収めてきました。

そして狛犬ならぬ、お狐様の数々。
伏見7.jpg

御狐さん1.jpg

御狐さん2.jpg

御狐さん3.jpg

御狐さん4.jpg

御狐さん5.jpg

最後のお狐様は怖い顔をしてますね~。

何やら、お狐様はいろんなものをくわえていますが、多くは「稲」「巻物」「鍵」「玉」です。狛犬とは少し異なり、くわえられている物にそれぞれ意味が込められているようです。

お狐様の付随物については、こちらのサイトを面白く読みました。→

さて、母に持たされていたお守りですが、鈴は手元に残し、お守りの本体はお返ししてきました。ありがとうございましたと。

とりあえず、気になっていたことを実行することができて一安心。おそらく、お守りのお役目が終わったのだろうと理解しました。

鈴を持たされた理由もうっすらと知っているのですが、それはまあ、これもオカルトチックなお話なので……^^;

そんな母の思いを記憶に留めながら、伏見稲荷を後にしました。


ところで実は、伏見ではもう一つの目的がありました。

それはこちら。
丹嘉.jpg



つづく。
nice!(3)  コメント(5) 

手前味噌 [食・料理・酒]

仕事が一段落して、衣替えも済ませ、ではでは、部屋のなかも掃除をしつつ、夏バージョンに変えるかと思っているところですが、何となく吹く風がひんやり。

面倒くさくて腰が上がらないということもあるけれど、まだ夏ではないなあ。もう数日、様子を見ようかと思います。

毎年、年度が変わると比較的やる気が出てくるので、準備は着々と進んでいます。どう進んでいるかというと、頭のなかだけなのですが、あーしよーこーしよーと想像済みなわけです。

しかし寄せる年波。時間が経つのが早いのは仕方がない。うまくこなすには、生きてきた年数……経験がものを言うはずなのですが、「ちょっと違う……」と感じてしまう今日この頃です。

頭に体が追い付かなくなってきているような。

そのバランスをとるにはどうしたらいいのか。

それこそ経験がものを言うのでしょうが、表現するための語彙が少ない。想像力を駆使しても、それを表現できる言葉を知らないと、頭のなかに記憶としてとどまらないという情けなさ……。ここにきて勉強不足を痛感する羽目に陥ります。

最近、本を読んでいないですからね~。インプットはいくつになってもしないといけないと思います。


さて、そんなことを感じながらも、初めての体験をしてきました^^;

友人(飲み屋仲間)の営んでいる食堂(カフェ?)で、お味噌作りの講習会を開催するというので、いそいそと行ってきました。

糠漬けすら作ったことのない人間が、「発酵食品作りに手を出していいのか?」という疑問と不安を抱きながら、行ってみた味噌作り。

ありがたいことに、準備はほとんどしてくれていて、あとは豆をつぶして、麹と塩を混ぜて、しっかりと密閉するという段取り。

これが準備された状態。
みそ2.jpg

この大豆を手でぎゅっぎゅとつぶしていくのですが、この間の写真は全く撮れません(笑)

大豆をつぶして、麦麹をほぐして、塩をまぶして、大豆のゆで汁とともに混ぜに混ぜていきます。

そうしてできた状態がこれ。
みそ1.jpg

その上にふり塩をして完成です。
みそ3.jpg

私は麦麹を選んだのですが、米麹、玄米麹もあって、他の皆さんはそちらを選んでいました。

完成形の味噌になるまで、半年。それまで家のなかで気温の変化が少なさそうなところに放置^^; 手前味噌とまではいかないでしょうが、防腐剤など無添加の味噌が出来上がるのが楽しみです。


講習にきてくださっていた先生は、「味噌作りに、きっちりと細かいことを言う人もいますが、気にしないでいい」とおっしゃる方で、非常に気が楽でした。

基本、私は何事も放置(!)しやすい性質なので、こういうのはありがたいのです。(←あんまりよくない性格^^;)

そういえば、昨年、ラム酒に漬け込んだ梅酒が放置してあるのでした。もうそろそろ飲み頃かな(笑)



おしまい。




講習会の先生はこちらの方(店主ではない)→
nice!(8)  コメント(7) 

愚か者め~。胡散臭いぞ~。 [日記]

GWも終了~。

仕事再開です。再開した途端、細かなミスがボロボロと発覚して、取り急ぎ修正をお願いしたりと迷惑をかけている最中なのですが、ブログを更新すると(笑)

「愚か者め~」は、今まさに私の置かれている状況でありまして、GWという時間がたっぷりあったにも関わらず、ミスをいまさらながら見つけて、自分に対して愚か者だと罵っているわけです。情けない;;

「胡散臭いぞ~」というのは、ここ何回か胡散臭いメールが届き、なんじゃこりゃと見てみれば、精巧に作られたカード会社のウソサイトだったりして、うっかり騙されそうになり、いちいち驚いております。

先月末に起きたインターネットエクスプローラー(IE)脆弱性の問題に、素早く対応してブラウザをさっさとクロームにかえたものの、こんなウソサイトに騙されそうになったりして、ネットの信頼性がダダ下がりではないかと胡散臭さにも拍車がかかっています。

大丈夫なんでしょうかねえ。SSLも問題視されていますよね。

「そろそろリアルな世界に戻らなくてはいかんぞ」という警告なのではと思ったりもして、頭のなかを妙な妄想が渦巻く始末。

そういえば、前にも書いたかもしれませんが、音楽CDが売れなくなっていると言われていますよね。ネット上の音楽配信で事が足りると考えている人が多くなったことが、CDが売れなくなった理由なのだろうと思うのですが、では、音楽家、ミュージシャンたちは今後どうすればいいのかということ。

結局はライヴなんだと思います。生身の人間が演奏し、歌う姿を見せる。それを一般消費者(ファン)は観る。それに尽きるということになるのではないかと思うのです。

今後、音楽家、ミュージシャンの生きる道はライヴだと。

山下達郎さんもそんなことを言っていたかと記憶します。

要するに、ネットにはライヴ感があるようでない。速報性はあるかもしれないけれど、益々信頼性が損なわれていく。それはなぜかというと、生身の人間が発しているという状況が見えないからではないか。

IEやSSLの脆弱性などは、その萌芽なのではないかと。

それを考えていくと、この世の中にはインターネットが開発される以前よりも、計り知れない危うさを内包しだしているのだろうなと思ってしまうのです。危険……。怪しい……。

通信販売は便利で、なかなか買えないものを送ってもらえるけれど、実際に自分の目で見て買って持って帰ってくるというリアルな行為をしなくなるということが、今後どんな影響を及ぼすのだろうかということも考えてしまいます。

結局、人を信用するという心が減少してくるのでしょうね。まずは疑うようになり、信頼関係を構築するのに時間を要するようになる。そうなればコミュニケーションにも障害が生まれ、人と接するということに苦痛を覚えるようになる。

そんな感じかな……。

ということは反対にインターネット(バーチャルな世界)に依存していく人がさらに増えるということかもしれない。

でも、それではいけないと、ウイルスに感染したり、脆弱性が発見されたりと、ある種の警告が発せられているということなのだろうと、、、。はい、妄想です^^;

ともあれ、いままでになかった気をつけなければいけないことが、増え続けているという胡散臭い世の中になってきたということですね(遠い目~・・)。


さてそんな妙なことを考え始めてしまった春でございますが、我が家のバラが今年も咲きました。
バラ1.jpg

アンネ・フランクという品種のバラなのですが、サーモンピンクのような、オレンジのような、イエローのような、色が時とともに変化するバラです。
バラ2.jpg

育てるのがうまくないので、毎年どうなることかと思うのですが、なんとか花を咲かせてくれています。

あんまり殺虫剤を使いたくないのですが、かといって……という感じです。手でアブラムシを退治するにも限界があり、葉が黒くなる病気に至ってはどうすることもできないですから、仕方がなく殺菌殺虫剤をばたまに使っております^^;

そして、夫T君には枯れていると思われていたクレマチス。咲きました。
クレマチス.jpg

やや日が陰っていたので色がよく見えませんが、ピンク系の花です。

どんどんと花芽が上がってきているので、これからが見ごろなのだと思います。

本当は地植えをしたいところなんですけどね。適当な場所がなく……。当分はこのままかなあ。


そうしてもう一つ。ホーリーバジルなる苗を入手いたしました。
ホーリーバジル.jpg

通常のバジルとどう違うのか、よくわかりません(笑)

調べてみたらカミメボウキと言われるもののようで、アーユルヴェーダで用いられるハーブなのだそうです。

成長する姿や花は、シソのようですね。いい匂いなのかなあ。ちょっと楽しみです。






しかし、リアルな世界のこういう楽しみを忘れてしまっては、おしまいですよね。


ひたすら妄想。


今日はここまで!
nice!(6)  コメント(6)