So-net無料ブログ作成
検索選択

終わった。 [スポーツ]

日本代表のブラジルW杯は終わりましたね。

今回は感想を、とっと書いておく。

これまでのW杯に比べて今回は期待値が高かったものの、選手の直前の状態の悪さ。大丈夫か? と蓋を開けてみれば案の定な試合運び。

尻上がりに調子を上げてくるかと思ったけど、それもかなわずに予選敗退となりました。

この3試合で一番がっかりしたのは、初戦のコートジボワール戦です。ギリシャ戦を挙げる人は多いかもしれませんが、ギリシャ相手にはあんな感じになると思っていました。なので、ほとんどショックはありません。でもコートジボワール戦は、あきらかな自爆。

フィジカルがなってなかったから、メンタルもやられたという試合だと思います。

はからずも、元日本代表・松井大輔さんが答えていたインタビューが的を射ていました。

以下、フットボールチャンネル6月11日の記事から引用。

「――本番で活躍するにはどういうコンディションの上げ方がベストだと思います?

 やっぱり一番大事なのはキャンプから。前回は準備期間が2週間くらいだったけど、そこでうまく合わせられれば問題ない。今回はフロリダで暑熱対策をやるみたいだけど、走れるようにしたければ、高地でやればいいのにね(笑)。

――日本初戦の相手は前回と同じアフリカ勢のコートジボワール。アフリカ通の松井選手はどういうイメージで見てますか?

 自分がルマンで一緒にやってたジェルビーニョやロマリックもいるし、フランスリーグで対戦した選手もいて特徴は分かってるけど、やっぱり手強い。自爆してくれることを願うよ(笑)。
 彼らの身体能力が脅威なのはみんな分かってること。芝生が濡れてたら最悪だね。一番向こうの長所が出るから。W杯は初戦を落としたら終わりだし、引き分けか、もしくは勝ってくれれば一番いいと俺は思う。今の日本代表にはガッツリ堅く守るオプションも必要じゃないかな。失点が多いチームはその分、打ち返さなきゃいけなくなる。それで逆に失点して1次リーグでさよならってことになる可能性はあるからね。

――主力の多くが前回のような堅守速攻の戦いはしたくないと言っていますが。

 守りが固いと負けないのは事実。日本サッカーには美学があるだろうし、攻撃しているのがかっこいいってイメージはあるだろうけど、世界の超一流の相手だとほんの一瞬、ちょっとしたスペースで点を取ってくる。南アのオランダ戦のウェズレイ(・スナイデル)もそうだったよね。打ち合いになった時、勝てる相手なのかどうかをしっかり判断した方がいいと思います。
 打ち合いを挑むなら、『打ち勝てよ』ってこと。そのためには点を取るしかない。コートジボワールの守備はめっちゃ食いついてくるから、裏を狙うのは有効。オカちゃん(岡崎慎司)みたいな選手が一番重要になるんじゃないかな」


結果を見れば、「走れなかった」「芝生が濡れていた」「裏を狙えなかった」と、松井さんはすべてを語っていたわけです。

そうして考えることは、やはりフィジカルの準備不足がコートジボワール戦での自爆を招いたのだと思います。

あの足の止まり方は尋常ではない。まるで「足止めの法」でも食らったかのような動き。本気でコートジボワールの呪術師(祈祷師?)にでも呪術をかけられたのかと思いましたよ(笑)

(以下、敬称略)
長友から本田の連携から生んだゴールは素晴らしかったのだけど、急にその後から走りもキレもよかった長友が動かなくなった。強化試合でキレのよさを見せていた岡崎は姿を消してしまったし、「お~い。みんなどこへ行った~?」な状態。

動けなくなれば、頭も回らない。ゴールをこじ開けるプレーのアイデアだって頭に浮かぶはずはない。

唯一、動いていたのは内田(ウッチ―)だけだったのではないかと思います。

そう、この3試合でよく動いて、とても貢献していたのはウッチ―でした。

これはね。ずっとシャルケでレギュラーとして試合に出続けている人の強み。強い人を相手にしてきて、自信を持っているからだと思う。その自信(メンタル)が、体(フィジカル)を強くしていたのだと思います。

一方、本田はどうなったのか。

やっぱり病気の影響が大きく出ていたのだと思う。それに伴って、試合にも出ていなかったし、どう見ても本田のよくないところが目につきました。

そして、香川。

ドルトムント、ドイツに帰ったほうがいい。プレミアリーグは香川には全然合わないのだと思う。試合にも出られないし、試合勘なんて戻るわけがない。今回の3試合を通してみても、香川のミスは多かった。本田とも重なってしまって、無駄なプレーを作り出していた。

いい選手なだけに、しっかりと出直して、鮮やかなゴールを決める香川に戻ってほしいと願ってやみません。

ザッケローニ監督は、この二人あってのチームを作ってきたわけで、要するにこれは、タイミングが悪いというか、ツキに見放された結果だったと思います。

この二人が調子悪かったときのためのオプションがなかったね。


ギリシャ、コロンビア戦については言及しません。初戦の結果をずるずると引きずってしまった試合だったから。

ただ一つ言いたいのは、大久保を試合の流れを変える飛び道具として、先発起用しなかったほうがよかったのではないかということ。後半にへたってきたときに元気な大久保を投入して、大久保とウッチ―、大久保と山口(蛍)、大久保と青山、大久保と遠藤とか……、そのあたりの連携が生まれて、点が取れたかもしれないと思うのです。でもそういう戦術にもできなかった。やっぱりフィジカルに問題があったのだろうと思わざるを得ません。

前々回に書いた、選手のそれぞれの感想。

●線が細いぞ、しっかりしろやのお二人さん。柿谷、清武。
うん。結局、柿谷の先発はなかったですね。清武もそうだけど。

●ケガ明け、危うい三人衆。マヤ(吉田)、ウッチー(内田)、長谷部。
ケガ明けにも関わらず気をはいていたのは、ウッチ―と長谷部。この二人はよかった。なんかね、クレバーでした。
マヤはねえ。足が速かったらなあ。

●来たよ、ダークホース三人衆。森重(おでんくん)、蛍(山口)、青山。
蛍も青山もよかった。ダークホースになりうる人材でした。森重はよくわかんなかったけど、蛍は次世代を担う選手になるでしょう、絶対。

●ま~いいかな、SBの酒井、酒井。
どちらも出場しませんでしたね。

●キレッキレはこの三人衆。長友、岡崎、大久保。
キレていたのは大久保だけ。長友が走れなかったのは意外でした。岡崎も裏に走れない……。なぜ? の連続。期待していただけに、とても残念でした。
やはりトレーニングが問題だったか。暑熱対策よりも、走れる体を作っておいたほうがよかった、ということか……(わかりません;;)。

●切れ味がもう一つ足りないお二人。本田、香川。
前述の通り。

●もう一人、ダークホースを忘れていた。伊野波。
出場してない。

●半端ない、大迫。を見てみたい。
ギリシャ戦で交代せずに、もう少し待っていたら、ゴールを決めていたのではないかと思います。合ってきていたから。でも代えちゃったね。

●温存されている、学(斎藤)。
学も出場できず。

●今ちゃん(今野)はいいや、今ちゃんだから。
やっぱり今ちゃんでした(笑)

●ヤット(遠藤)もいいや、相変わらず宇宙人っぽいし(笑)
コロンビア戦には出てこなかったのは、パワープレーを意識してかな。これがヤットの最後のW杯になるのでしょうね。感慨深い。

●GKは言及できず。
何とも……。


さて今回のラッキーボーイ。

なり損ねた人が一人。

それはウッチ―でした。もう少しでゴールを狙えそうでしたが決まらず。ゴールを決めていたら、ラッキーボーイはウッチーだったと思います。

これでケガを完全に治して、ドイツに帰って頑張ってほしいものです。


ともあれ、今回のブラジルW杯は、もう少しできたはずなのにできなかったという、とにかく消化不良な大会でした。

やっぱりフィジカルですよ。走れてなんぼ。点を取ってなんぼ。運を力づくで引き込めてなんぼ。

サッカーというのは、そういうものなんですね~。


ということで、、、。

サムライブルー、日本代表の皆さん、お疲れ様でした。

そしてザッケローニ監督、どうもありがとう! いいチームを作ってくれたと思う。いい監督だったと思う。

ただもう最後はツキに見放されたのだと思います。

やっぱり一人くらい、運を力づくでも味方にする、強い選手が登場しないとだめなのかなあ~と、そんな感想で終わりです。


応援した皆さん、お疲れ様でした~!!!


おしまい。
nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

弾丸札幌 [旅話]

弾丸にもほどがある。

またやってしまいました、弾丸札幌(笑) 夫T君の北海道出張に便乗して行ってきました。
夕方、羽田を発ち、翌日の夜には帰ってくるという、いままでで一番滞在時間の短い弾丸「北海道」ではなかろうかという……。いや、待て。

弾丸函館というのを、母が存命だった8年くらい前にやっている気がするけれど、あのときの滞在時間はどのくらいだったか。

ま~日帰りの京都に比べれば時間は長いですけどね。

折しも母の月命日。母の遺骨を詰めたカロートペンダントを首にぶら下げて……。

「北海道に帰りたい、帰りたい」とさんざん言っていた母ですので、代わりに私がせっせと帰ると。

とはいえ、またも札幌は天気が悪く、もう写真を撮るのもいーっかって感じで、ここはさっさーっと、一回で終わります。どんだけ雨女なんだか^^;


羽田を発ってホテルに着いた時間は、21時近く。この日のT君は仕事の関係者と宴会で、私は一人で夕飯を取らなければならぬ。ということで行った先はイタリアンのお店、アランチャロッサ

2月に姉と函館・札幌の旅をしたときに、すすき野をふらふらと徘徊して見つけたお店なのですが、これが美味しかった! 魚介類を上手に扱っていて、ワインが進んでしまってしょうがなかったという。

で、です。一人で行くにはどうかなあと思いつつ、やっぱりヒトリメシはカウンターでお寿司というイメージかなあと考えながらも、やっぱり美味しかったお店にもう一度行きたいと思って、再びふら~っと行ったのです。

塩水うにと、新玉ねぎとなんチャラのムース、コンソメジュレ添え。美味しい~。
うに.jpg

アスパラのグリル、生ハム添え。
アスパラ.jpg
パルメジャーノレジャーノのソースがかかっていて、これまたワインが進む進む。

もうひとつ、トキシラズのマリネをいただいたのですが、写真を撮るのを忘れました^^;

さらにサービスということで、ニンジンのムースもいただいたんですけどね、これも美味しくて~。ワインにぴったりすぎる(笑)

でもヒトリメシ&ヒトリノミの限界。ビールを1杯と、白ワインをグラスで2杯……満腹でした。これ以上は食べられません。飲めません。残念~。

こちらは前回、姉と行ったときに大いに飲んだので(笑)、ちょっと盛りよくサービスしてくれたドルチェ。
ドルチェ.jpg
あんまり甘いはいただかないのですが、美味しく食べましたよ~。

少し怪しげなビルの地下にあるお店なんですけど、男前なシェフがいい仕事をしておられます。はい。



そうして美味しいものを食べた翌日の朝は、なんと日本vsコートジボワールの試合!!!

W杯があるのをすっかり忘れて取ってしまったエアチケットだったので、ホテルで前半だけ観戦しました。

とりあえず、長友選手と本田選手の素晴らしい連携で生まれたゴールは見届けたのですが、その後はカーラジオから流れてくる実況中継を聞き、「こりゃ~だめだわ」とうなだれたのでした。

後にスポーツニュースで試合の様子を見ましたが、体が動いてなかったですね。暑さと湿気かなあ。それと気持ちも前に行っていなかった。なんかねえ、もう残念。ドログバ1人でこんなにも違うのかと見せつけられた試合でした。ちぇっ。

でも、明日のギリシャ戦は勝ちますから。そう思ってないとやってられない(笑)


で、車を飛ばして行った先は、またも石狩漁港。蝦蛄ですよ。この季節、大きな蝦蛄が食べられますからね。
シャコ.jpg
この殻をばしばし剥いて、翌日の夜は蝦蛄祭り。

それから、「とれのさと」というJAの直売所があるのですが、そこでアスパラを大量に買って、以前食べて美味しかったこのパンを、再度購入。
パン.jpg
セーラ・クルーというブランドと言ったらいいのかな。店舗がなく、「とれのさと」と「きたキッチン」でしか購入できないようで、とにかく北海道に行かなくては買えないパンなのですよ。

ずっしりと重いパンですが、しっかりと持って帰ってきました。

この後、もう時間はあまりないし、でも行きたいところもそんなにないし、雨だし、と言いつつ、何度も行っているモエレ沼へ。
パノラマ.jpg

モエレ3.jpg

モエレ1.jpg

モエレ2.jpg

moere.jpg

モエレ4.jpg


空が広くて気持ちいいです。

天気がよかったら、よかったのにねえ。


雨女……。



弾丸札幌でした。


おしまい。
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

開幕間近 [スポーツ]

SNSは得意ではないと言いながら、twitterは続けています。なぜなら、時間の流れが速い。ちょっと前のつぶやきも、あっという間に過ぎ去ってしまうから。

リツイートをされてしまうと、ずっと残されてしまうでしょうから、それは面倒くさいと思いますが、何でもない一般人のつぶやきはひたすら消費されるだけ。それで十分。

そんな十分なtwitterでフォローしているのはサッカー関係ばかりなので、いまやタイムラインはサッカーに関することで埋め尽くされています。

なんたってW杯が間近。コアな日本代表サポーターは、続々と現地入りしていて、現地からのつぶやきが多くなってきました。それは楽しい。

サッカーにどっぷり浸かるのも間近。



ということで、W杯が始まる前に強化試合を2試合見て、めずらしく事前に代表選手について書いておこうと思って書いておく。

たぶんW杯後は、いつものようにラッキーボーイについて書くと思うけど、勝ち進んでいたらねえ、って感じだ。

興味のない人は、今回の記事はスルーしてください!!!(笑)


さて、選手について書こうかな。敬称略です。


まずはこちら。

●線が細いぞ、しっかりしろやのお二人さん。柿谷、清武。

ない頭を使いすぎ。考えるのを止めなさいと言いたいお二人でございます。お蔭で線の細さ丸出し。ボールの収まりが悪いし、シュートを決められない弱さ。これをどう克服するんだろか、という課題がいまだ残されているように思う。

●ケガ明け、危うい三人衆。マヤ(吉田)、ウッチー(内田)、長谷部。

長谷部はもしかしたら、試合に一度も出られないかもしれないですねぇ。そんな雰囲気がある。間に合えばいいけど。
マヤは、相変わらずケガ明けも関係なく、ぽかーっとしているし。瞬時の判断が遅い。なんで? 結婚してからもう少しピリッとするかと思ったけど、その反対だった。奥さんに申し訳ないでしょっ、と言いたい。
ウッチ―は、まだ勘が戻ってない。上半身がしっかりしてきたので、相手を止めるのがある意味で楽になってきているかもしれない。でもあと一歩、たぶん勘が戻っていないんだと思う。残り5日で間に合うかなあ。

●来たよ、ダークホース三人衆。森重(おでんくん)、蛍(山口)、青山。

「森重! どうしてあんたがここまで走ってくる?」と思うシーンがあって、「おお!」っと感じた人も多いはず。いいアシストだった。こういう意外性は絶対に必要。
青山のロスタイムの大久保への縦パス。思い切りがよくてよかった。こういうのも必要。
蛍は掘り出し物だと思う。オリンピックを見ていても思ったけど、地味にいい仕事をしていたし、玄人好みの選手になっていくと思う。

●ま~いいかな、SBの酒井、酒井。

宏樹のほうは、いつも同じプレースタイルで工夫がない。いつ工夫できるようになるのか。想像力が培われるのか、その問題をずーっと抱えている。いっつも同じクロスは、ゴールに結びつけるのは難しいだろうな。
高徳は、まずはケガを治さないと。それから。プレーはときどき大ポカをするのが修正できているかどうか。
このお二人は、もう少し頭を使ったほうがいいように思う。なのでサブか……。

●キレッキレはこの三人衆。長友、岡崎、大久保。

何だろうなあ、このキレ味。ザンビア戦で流血した岡崎の傷の具合は心配だけど、そんなことも気にせずに、恐らく試合に臨んでくれると思う。長友もそう。
大久保は、先発に起用されることは難しいかもしれないけれど、ザンビア戦でしっかり走って、よく働いていたのが印象的。そして最後に、青山からのパスに、ピタッとトラップしてドーン。いいシュートを決めたのが素晴らしい。他の選手たちに「簡単に、簡単に!」と大声を出しながら、そして怒っていたのが何とも大久保らしい。起爆剤になってくれるかもしれないと感じたシーンだった。

●切れ味がもう一つ足りないお二人。本田、香川。

コスタリカ戦の香川のゴールシーンは、ドルトムント時代を彷彿とさせたけれど、それ以外は全然キレが戻っていない。「あれ? 何をするんだっけ?」みたいな動きもあって、「大丈夫か? 香川」と思った。でも1点決めたからなあ。何とか戻ってきてほしいと思う。
本田もまだまだ。本人は手術をしていないというけれど、手術をしたような傷跡があるし、いまは薬を服用しながらバランスを取っているところだと思う。病気自体は仕方がない。ただ治療のタイミングと、完治までの時間を計り間違えたかもしれないなと思う。ミランへの移籍もあったし、難しかったのだろう。ともあれ、本田もキレが戻ってくれば……。

●もう一人、ダークホースを忘れていた。伊野波。

伊野波を呼んだザックの真意は何だろう、と考えたのだけど、何かをやってくれそうな予感がある人なんだよね。先に書いた森重のように、「なんでそこにいるの?」と思うようなことが伊野波にはある。
闘莉王を呼ばないで、伊野波を呼ぶザック。どう説明していいかわからないけれど、わかるような気がする。たぶん闘莉王は邪魔になるんだよ、ザックの戦術に当てはめようとすると。そこに真意があると思う。

●半端ない、大迫。を見てみたい。

柿谷より大迫のプレースタイルが好きなので、私は大迫押しなのだが、なぜか人気がある柿谷。
大迫のほうがボールを保持できるし、収まりがいいのになあ。高校時代に「半端ない」と言われた大迫を見てみたい。曖昧だった輪郭がはっきりしてきたいまが頑張りどきだと思う。

●温存されている、学(斎藤)。

学は、今回は勉強のために連れて行ってもらえたのかなあ、とつい思ってしまう。全然起用されていないから、戦術にマッチしているのかもわからない。でも学がドリブルでゴール前を横切って、スパッとゴールを決めてくれたらな(願望)。

●今ちゃん(今野)はいいや、今ちゃんだから。

●ヤット(遠藤)もいいや、相変わらず宇宙人っぽいし(笑)

ヤットはね、いい仕事をするよ、たぶん。後半出場っていうのが、いい感じなんだよね。前半で選手の動きをじーっと見て考えて、後半出場したときに流れを変えてくれるから。でもフル出場することになるかなあ。

●GKは言及できず。

川島が絶対的になっているから、何とも言えない。でも川島は責任重大。
ただ、何で菅野は連れて行ってもらえなかったのかなあ、と思う。ザックの戦術にはまらないんだろうね。




代表選手が発表されたとき、ザックは日本人ならではの攻撃的なパスサッカーを貫くんだと感じとりました。高さを選ばなかったのがそこにある。それからFWの選手の多さ。

前回大会のようなディフェンシブな試合ではない試合が見られると思うと、それはそれでわくわくしてくるわけで、やっぱり点を取ってなんぼ、というようなサッカーを見せてくれると信じております。




追記:強化試合に出ていなかった選手や、不調が伝えられている選手については、すでに情報戦が始まっているでしょうから、実際には定かではありません。と思います^^;
nice!(7)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

弾丸京都③ [旅話]

ちょっと間が空いてしまいました……。何をしているわけではないのに、なんだか忙しい6月の始まり。

あ、猫のTBちゃんが思いっきり破いてくれた障子を貼り替えたり、ぼうぼうになったクマザサを、今年も必死で根こそぎ引っこ抜いたりしていました。

クマザサは本当に生命力が強く、そして根の張りが半端ではないので、毎年毎年こつこつと引っこ抜いていけば、いつか成長を止めるのではないかと思っているのですが、そう簡単ではない。

そしてクマザサ取りに精を出して後、家に入ってみれば、猫のTBちゃんに威嚇されるという災難が待っていて、散々です。どうやら外作業をしていると、よその猫のマーキングの匂いが私につくようで、それでTBちゃんに威嚇され放題。ほぼ一日不審がられて、気を遣って仕方がないという。これまではそんなことがなかったんですけどねえ。

たいそう疲れます。

まだまだクマザサを掘り返したいのですが、いつやろうかなあ。TBちゃんの威嚇覚悟で……(泣)


さて、弾丸京都の続きで最後です。

下鴨神社をあとに糺の森を歩いていると、「河合神社」にたどり着きました。
河合神社1.jpg

「あら? こんなところに神社があったっけかなあ」と思いつつ、入ってみました。
河合神社3.jpg

河合神社は下鴨神社のいくつかの摂社の一つで、ここが一番大きい摂社のようです。全然知りませんでした。
河合神社4.jpg

こちらで詳しく説明がされています。(これも面白く読みました)。→

そして境内には鴨長明さんの方丈が。
河合神社2.jpg

なぜなのだろうと思って説明が書かれた看板を見てみると、下鴨神社の宮司さんの二男に生まれていると。そういう背景もあって、こちらに方丈が移築されているのでした。
鴨長明.jpg
(クリックすると大きくなります)

河合神社を出ると、こんな社が。
河合神社5.jpg

下鴨神社の主祭神・タマヨリヒメとその両親神が祀られているのだとか。

檜皮葺が妙に趣があって、またそのこじんまりとした風情が不思議な雰囲気。なんでだろう。

この看板を読んでもいまひとつわからないのですが、下鴨神社の領地であった場所に祀られていたものをこちらに移してきた、ということなのだろうと思います。
三井社.jpg
(こちらもクリックすると大きくなります)

なんと言いますか、京都というのは暮らしていても、すべての神社仏閣に回れるわけがなく(知っているわけでもなく)、おそらく観光客のほうがよく知っていると思います。

私なんて、改めて行ってみて知ることも多く、たぶん、暮らしていた頃はいわれも知らずに行っていた神社仏閣も多いのではないかと……。自転車でふらふらと家の近所を走っていると、「こんなところに神社が。お寺が……」なんてことが多かったですからね。

ちゃんと知っておけばよかったなと、いまさらながら思いました。

しかし、いまは簡単にPCで検索できるし、調べるのが楽になったなあと、こちらも改めて実感したりして。

いやいや、ネット上の情報は正しいかどうかわからないですけどね。とりあえず、裏が取れるものは裏を取ってからと思っておりますが……。


そうして、その後は四条河原町のあたりで買い物をして、京都出張を終えて一緒に帰る予定の夫T君との待ち合わせ(夕食)の前に、一休みしようと寄ったところは「イノダコーヒー 三条本店」でありました。

せっかく行くのなら本店に行かなくちゃと。そしてレモンパイを食べよう……と思って歩みを進めました。

しかし、なんとレモンパイは売り切れ。ちっ。
イノダ1.jpg
違うケーキを頼みましたよ。

それでまあ一人でぼんやりとコーヒーとケーキを楽しむかと思っていたのですが、この席の隣でおしゃべりをしていた妙齢の女性グループの話が面白いこと面白いこと。

ついつい耳に入ってくる話を聞いて、何度も吹き出しそうになってしまいました。

ほわっほわした京都弁で、さらに関西特有のユーモアが加味されて、なんともおかしくて。

1人、どうもお見合いに失敗し続けている人がいるようなのですが、その人が「釣書を返してもらえない」だの、「ダメンズばっかりお見合いの話が来る」だとか言っているんですよ。

聞けば、いかにも古くから京都で暮らす家庭で育ったいいとこのお嬢さんのようで、でもアラフォーに近づいていて、ちょっと焦りがあると。そしてお見合いをし始めてみれば、知り合いのどうしようもない奴が出てきたりして、「一体なんなの?」と嘆いているんですね。

しかしそれがまた、嘆いているのか、面白がっているのか、という口調で……(笑)

いいとこのお嬢さんらしい嫌みのないブラックユーモアっていうのかなあ。そんなのが、とにかくさく裂。

いや~、楽しい時間だった。

長いことしゃべってはりましたわ。




というわけで、最後のオチもよろしく、弾丸京都旅は終了です。


おしまい。
nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感