So-net無料ブログ作成
検索選択

展覧会と出張と。 [芸術・文化]

引き続き、誕生月間です。

昨年は、高松次郎さんや赤瀬川原平さんの展覧会、荒木経惟さんの写真展、忌野清志郎さん、ナンシー関さんの展覧会に行ってきましたが、今年は文学!

いやいや、そういえば、赤瀬川原平さん、常盤新平さんの町田文学館での展覧会にも行っていたか……。今年は展覧会に行く数が少ないです^^;

ということで、神奈川近代文学館で開催されている柳田國男展に行ってきました。

夫T君が招待券をもらってきてくれていたので、これ幸いと。

場所は、横浜の「港の見える丘公園」内です。
横浜1.jpg

朝ドラの「まれ」の舞台にもなりましたね。

これが横浜の港らしい風景。
横浜2.jpg

いい感じの日がさしていました。
横浜4.jpg

そして柳田國男さん。
横浜3.jpg

横浜5.jpg

「遠野物語」の序文にある「平地人を戦慄せしめよ」という言葉から、展覧会では「日本人を戦慄せしめよ」という題名をつけたと主催者の言葉がありました。

確かに、「戦慄」というにふさわしいほど、遠野物語から最晩年に書かれた「海上の道」まで盛りだくさんの展示内容。これほどのものが遺されていたのかと圧倒されました。

柳田國男さんというと、真っ先に思い浮かぶのが「遠野物語」だと思います。実は、私もそのくらいしか知らないでこの展覧会に臨んでいたのでした。

ところが行ってみれば、いろんなことをなさっていた人で、農政官僚として働いていた時期があったり、歌人や詩人として学生時代は活躍していたりと、初めてそのことを知りました。

そして柳田姓も柳田家の養嗣子となったことからとか。もとは松岡國男さんといい、松岡家は貧しくも教育熱心な母親のお蔭で、五兄弟すべてが功績を残す人物となっているということでした。

遠野物語を書いたり、民俗学に傾倒していくきっかけとなったのは、13歳のころに見た一つの「絵馬」なのだそう。その絵馬も展示されていたのですが、「間引き絵馬」という飢饉のために間引き(嬰児殺し)が行われている絵が描からている絵馬で、これは大きなショックを受ける内容でした。

この絵馬を見て「なぜ?」と思ったのでしょうね。この年頃で見たということも大きいと思いますが、この時代背景を想像するだけでも、何かを駆り立てられるものがあったのでしょう。

その後、遠野物語など民俗学の没頭されたようですが、戦後は子どもたちの「教育」について、自らの成すべき課題に挙げられたということです。

解説文によると「普通教育の目的は、それまでのような国家教育では決してなく、「子供を人にするに在る」と述べ、これからの民主主義の世の中を正しい判断力を身につけて生きる能力を養うことが重要と考えていた」とあります。

「国語科、社会科教科書の監修に熱心に力を注いだが、いずれの教科においても、最終的には正しい選挙民を育てること、すなわち、人を選ぶことのできる能力を、等しく身につけられるようにすることを目標とした」のだそうです。

すばらしい。

「正しい選挙民を育てること」というくだりを読んだとき、これこそ民主主義に必要なことと、膝をポンとたたきました。

貧しい家に育ち、歌人や詩人となって多くの言葉を操り、そして農政を知り、民俗学を研究したことで、そこから得た必要なことを、次代に伝えるという仕事を自分の課題に挙げたという……。ものすごく真っ当な人物であったとわかりました。

すばらしい。

ちなみに、神奈川近代文学館でなぜこの展覧会が開催されたのかというと、「日本最初の村落調査に津久井の内郷村を選んだこと」「別荘が茅ヶ崎にあったこと」「永眠の地を川崎生田丘陵に選んだこと」などゆかりが深かったのだそう。

また、神奈川県内のあちこちに視察に訪れていて、1940年、41年には、上飯田、瀬谷、大和、深見を訪れていたのだそうです。近くだわ。

予備知識の少ない人間が行ったからこそよかったのかもしれません。遠野物語だけではない柳田國男さんを知った、有意義な展覧会でした。


それからもう一つ。

「大和市つる舞の里歴史資料館」へ行ってきました。
つるま1.jpg

T君の実家近くにあるのですが、前は通っても中に入ってみることは今までしていなかったので、今回が初めて。企画展「地形・地層・地震~大和周辺の大地の成り立ち~」に興味をもって行ってみたのでした。
つるま2.jpg

あら、いやだ、と思うほど、面白い企画展でした。近くでこんなことをやっていたとは……と思うような内容。

この辺りは遺跡が発見されたり、私が通った中学校近辺では発掘作業が行われていたりしたこともあったので、どんなものなのだろうかと興味があったのですが、こういう形で展示されたものを見ることができて楽しかったです。面白く見てきました。

展示の数はそう多くはないのですが、こういう企画展が開催されていることを知る機会も少ないので、もっと宣伝したらいいのにと思ってしまいました。

またもちなみにですが、神奈川県博物館協会加盟館園によると、95もの博物館や資料館などが神奈川県下にあるのですね。行ったことがないところがいっぱいあるなあ。


さて、横浜、港の見える丘公園を後にして、坂をぐんぐん下がって適当に歩いていたら、こんなところを発見。

本牧ガレージ。
横浜7.jpg

すいません_(._.)_ クレイジーケンバンドのファンではないとわからないネタでした^^;

さらに、山手隧道わきでこんな光景が。
横浜8.jpg

鳩が石垣にこびりつくように休んでいました。なんか妙。


おまけ。

また今年も恒例の大阪・神戸出張に行ってきましたが、写真もほとんど撮っておらず、とりあえず少しだけ買ったものを。

大阪の「とん蝶」。
神戸1.jpg

神戸2.jpg

大阪で働いているときは知らなかったのですが、知る人ぞ知る大阪のソウルフードらしいです。夕方、飛行機に乗り込む前に、夕食代わりにいただきました。要するにおこわですね、はい。

それから、こちらは神戸っ子のソウルフード(?)、トミーズの「あん食」。
神戸4.jpg

食パンにあんこが練り込んであります。これがまた、郷愁をそそるようなお味。

あと、懐かしい三田屋のハムとドレッシング。
神戸3.jpg

T君の大阪在住だったお祖母さんがよく食べさせてくれたハムでした。



おしまい。(誕生月間はつづく……かな?)
横浜6.jpg
名残のバラ。
nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

花と履物と猫と [いただきもの]

誕生月間も一番最初に誕生日が来るのは私で、毎年、姉が花束を贈ってくれます。

なぜか姉妹で恒例。あ、今年の姉の誕生日は陶器を贈ったのでした(恒例じゃなかった^^;)。

で、今年も来ました、花束。お花屋さんが直接配達をしてくれました。

近所の懇意にしているお花屋さんで、私もよくそこで作ってもらうのですが、人によってセンスが異なるのです。「これはお母さんが作ったやつだな……」とか、すぐにわかるんですよね。

そして今年は、見ればお母さんが作った花束のよう。
hana1.jpg

(小さい声で……)息子さんが作るとステキなんですけどね、お母さんが作ると、何というか艶やかというか盛りだくさんというか(笑)

この写真をメールで姉に見せたら、「もう、派手にしてとは言ったけど、違う(笑) ばらばらにして活けてね」と返信がありました。

確か、去年もそんなことを言っていたような記憶があるのですが、息子さんに頼まなくちゃだめだよ……と心のなかでつぶやく妹。

ということで、ばらばらにしました。
花1.jpg

私がオレンジ色(柿色)が好きなので、その色味の物をとお願いしたのだと思います。
花2.jpg

これは何というのかな。一度、聞いたけど忘れてしまった。観葉植物系?
花3.jpg

ばらばらに活けても、イメージはあんまり変わらないですね。

でも、華やかなのは何より。

気温が低くなり始めて、外に出していた観葉植物も家のなかに入れたところだったので、植物のにぎやかさが気持ちを高めてくれました。植物はいいなあ。

そして、自分から自分と夫T君へのプレゼント。(T君の誕生日は一週間先ですが)。

冬用の室内履き。
プレゼント.jpg

あ、tbちゃんの毛がついてる……。床も汚い……。そこのところは目をつぶってください^^;

私用のは、猫の柄に一目ぼれでさっさと決めたのですが、T君のほうは、私の色に合わせてグレーってだけで。

ま、いーか。

写真を撮っているとtbちゃん登場。
tbちゃん.jpg




明日はtbちゃんの誕生日です。6歳! この1週間ほどはtbちゃんの体調もよく、何とか6歳を迎えられるので喜びもひとしおです。長生きしてちょうだいね。


誕生月間はまだまだつづく。
nice!(5)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感

誕生月間の始まり [旅話]

11月は私も夫T君も、猫のtbちゃんも誕生日があり、ついでを言えば、この家に越してきたのも11月。この家の土地を購入するきっかけになった、T君の遠い親戚のおばさんも11月生まれでした。

めでたい月でもありますが、何やら因縁めいた月のようにも感じています。節目の月っていう感じかな。

そんな11月霜月が始まりました。

11月は毎年、何となくイベントも目白押しで、この時期にライヴを行うミュージシャンも多いせいか、ライヴ活動が盛んになります。

しかし、今年は1本だけの予定。チケットが取れなかったのもあるし、行きたいライヴもなかったということもある。なので、ライヴの話はのちに一回だけになると思います。






さて、誕生月間の第一弾は、恩師のお墓参りでした。

春に行けなかった人たちを誘って行ってきました。緑も豊かな場所なので、天気のいい日に行けて、気持ちのいい時間を過ごせました。

「先生、こんにちは。」
北鎌倉1.jpg

じっと先生のお墓を見て、何やら語っている友人たち。
北鎌倉2.jpg

友人たちと言っていますが、このなかでは私が一番年下でほかの皆さんは全員年上です。なのに呼び捨てにしたり、敬語も使わずごめんなさい^^;

この後、お墓のなかは空洞になっていて、そこで先生は生活していたりするんじゃないか? といった妄想話で盛り上がり、たまに外に出てくるんだけど、結局それは幽霊で……とかなんとか。全く、ある意味で不謹慎(笑)

しかし本当にいい天気でした。
北鎌倉4.jpg

北鎌倉3.jpg

いわたばこ。今度は花の咲く頃に行きたい。
北鎌倉5.jpg

つつましく咲くりんどう。
北鎌倉6.jpg

野葡萄がカラフルに実っていてきれい。
北鎌倉7.jpg

何やら見上げて話をしている人々……。何を見ていたのかな。
北鎌倉8.jpg


そしてこの後は、昼酒です(笑)
北鎌倉9.jpg

赤星がある居酒屋(食堂)なんですねえ。ちょっと飲んだくれてしまって、次回は控えないと^^;


私より、一つ年齢が上だったり、三つ以上年上の人もいますが、同じ教室にいたこともあるせいか、ついつい同じくらいに思ってしまって、本当に失礼な同級生(?)です^^;

でも、それにお付き合いいただけてありがたい。



「toroさんは、静かだったよね~。全然印象が違うわ~」と32年ぶりにお会いした一人に言われてしまいました。

あのころはそりゃ~、年上に囲まれて、「どう接していいかわからないというような年齢でしたから~!」と言ったものの、確かに人見知りも激しく、シャイだったというのはあるなあ、と思い出しました。

年齢も重ねると、気にせずおしゃべりができるようになるものですわ。

美術系の学校でしたから皆マイペースで、久しぶりに会ってみると、とくに同じようになっておらず、趣味が全く違う仲間の集まりのようにも思いました。同じ教室にいたのに。

でもそれが面白い。いい時間を持つことができました。楽しかったな。



ということで第一弾の終了。

まだ11月に入ったばかりなので、続きます^^
nice!(8)  コメント(7) 
共通テーマ:日記・雑感