So-net無料ブログ作成
検索選択

イチゴ狩り [食・料理・酒]

少々古いお話ですが、2月の初めのことです。

友人たちとイチゴ狩りに行ってきました。

イチゴ狩りなんて、40年ぶりくらいのことですよ。小学生か、中学生以来!

2,3年前から、イチゴ狩りに行こう行こうという話をしていたのですが、なかなか実現せず。

例えば、車を出さないといけないとか、言いだしっぺが企画をしてくれないとかーーーーー。

いくつかの理由で先送りされていたのですが、さすがに行こうよということになり、スケジュールをまずは押さえていたのでした。

はからずもインフルエンザが大流行の時期。夫T君はしっかりとインフルエンザA型に罹患し、タミフルを服用し会社を休んだ直後のこと。

学校の先生をしている友人は、「インフルに感染して行けないなんていうこともあるかもしれない」なんて言い出す始末。(私はT君がインフルに罹ったものの、感染せず! 奇跡? と言われました^^;)

そんな寒い頃でした。

しかしハウス物のイチゴが旬を迎えて、行かない訳にはいかないと、数々の難題(?)を無視して、勝手に予約を入れてしまいました。言いだしっぺの企画を待っているといつになるかわからないし、行けるときに行っておかなくちゃという使命感にかられていたのでした(←意味不明)。

行ったところはこちら。「ゆめが丘農園」。
いちご3.jpg

電車でも行けるし、早朝でなくてもOKと言われて、とっとと予約(←いらち)。

でもまあ、予約してしまえば行けるもので、いつものメンバーが揃いましたよ(笑)

この農園は、おそらく近くにお住いの方もいらっしゃってご存じだと思うのですが、駅から数分で歩いて行ける場所にあります。そしていくつものハウスがある、このあたりでは比較的大きなイチゴ農園ではないでしょうか。

なので、(たぶん計画的に栽培しているでしょうからそんなことはないと思うのですが)イチゴがなくなってしまうということはなく、安心して訪れることができました。

ただ場所柄ということもあるのでしょうね。ややお高めの入場料かな。

紅ほっぺ、とちおとめ、あきひめを堪能してきました^^

いちご2.jpg

いちご1.jpg

いちご4.jpg

いちご6.jpg


受粉のためにミツバチも放しているとのことで、何匹か飛んでくるのを目撃しました。
いちご5.jpg


次々に花が咲いて、実がなってきています。
いちご7.jpg

入場料の元を取ろうとガッツリと食べる人もいれば、数個でギブアップする人もいて、「性格が出るわ~」と。

私はといえば、ほぼ1パック分でギブアップ。やっぱりたくさん食べられるものではないですね。

この日は、紅ほっぺが甘くて一番おいしかったかなあ。品種によってもかなり味に違いがあると、初めて気づいたイチゴ狩りでもありました。


帰り、市場には出せないような小さいイチゴをお安く売ってくれないかと思って見ていたのですが、いまは、自分のところでそういうイチゴは加工しているんですね(当たり前か……)。

イチゴジャムを作ろうと、そういうイチゴがないかと期待していったのですが、残念。


結局その後、近所のスーパーで、小さいころころとしたイチゴがお安く販売されていたので、それを買ったとさ。



しかしもうそろそろ露地物のイチゴが出てくる季節ですよね~。やや古い話で恐縮です^^;


おしまい。

nice!(4)  コメント(5) 

鎮魂 [悼み]

あれから5年。

あんなに大きな災害と、あんなに大きな事故が起きたのに、正反対に進もうとしている国に落胆している。

「日本死ね!」と言いたい気持ちもよくわかる。

そこまで言われてもわからないでいる人たちの顔をテレビで見て、ウンザリする毎日。

政治家でも役人でもない一般人が一人ひとり、コツコツとやっていくしかないんだ。



今日は鎮魂の日。

ただただ祈ります。



巣篭り [芸術・文化]

ご無沙汰をしております。

1カ月以上放置していたら、広告が掲載されるようになってしまって、「あいや~」と思っていましたが、なかなか重い腰をあげられず。

PCを起ち上げるのもなんだか憂鬱な日々でして。(原因はわかっているんですよ。Windows10に無理やりアップデートされてしまうというのを聞いて、その作業を行わなければならんのかっ! と考えたら、本当に憂鬱で憂鬱で。使い慣れているものを変えるということが、年齢を重ねるごとに面倒になっていくという、それです、はい。で結局アップデートをまだしていないんですけどね。自動更新を阻止しております^^;)

新しいこと、違うことを始めるのに、大きな勇気が必要になってきたという情けなさ。

どうしたもんでしょうね。

そんなわけで、巣篭りならぬ、放置プレイが続き、いまに至ります。


とはいえ外出はしていました。写真が少したまっているのですが、これだけはまず……。

今年2月14日まで行われていた、東京都現代美術館での「オノ・ヨーコ展 YOKO ONO:FROM MY WINDOW」。

休日を利用して、夫T君が展覧会に行くついでに「深川七福神めぐり」もしたいと言い出したので、それに合わせて行ってきました。

本当は一人で行こうと思っていたんですけどね。なぜかというとT君はオノ・ヨーコさんが嫌いだから。

男性は嫌っている人が多いと思うのです。あのヨーコさんですからね。エキセントリックともいえるあの姿を見ると嫌な気分になるんだろうなと。

でも作品はとてもコンセプチュアルで、イマジネーション豊かだし、見ていて(読んでいて)面白い。若かりし頃、「グレープフルーツ」を見た(読んだ?)ときの感動たるや、凝り固まった思考が解き放たれるような感覚を覚えたものです。そのくらい私は影響を受けたのですが、男性であるT君にはなかなか理解されないというわけです。

なので、一人でゆっくりと行こうと思っていたのですが、まあいいや、T君も行く気になっているからせっかくだし、と思って。行ったのは1月17日でした。

清澄白河.jpg

清澄白河2.jpg

東京都現代美術館を訪れるのは初めてで、清澄白河駅を利用することも初めて。全く歩いたことがなかったところなので、七福神めぐりもしたことで、あの辺りの雰囲気をじっくりと味わうことができました。

ドリップコーヒーブームの火付け役「ブルーボトルコーヒー」の前を通ったり(←入ってない^^;)、ブリオッシュにジェラートを挟んで売っている「ブリジェラ」の前を通ったり(←食べてない^^;)、新しいお店がいろいろあって、面白いところでした。焙煎コーヒー屋さんがいくつかあって、その一つには入ってコーヒーをいただきましたが、そこも面白いお店でした。なんだろうなあ、この面白さは。清澄白河って、なにかそんな引力があるのか……と思って見たり。

そして七福神めぐりを終えて、ようやくオノ・ヨーコさん。

写真を撮ってもいいところで、パノラマ撮影です(クリックすると大きくなります)。
清澄白河3.jpg

清澄白河4.jpg

基本的に、ヨーコさんが使う言葉はポジティブなんですよ。深刻に受け止められそうな言葉も「ちょっと待って。視点を変えてみなさい。視線を動かしてみなさい」という意味を含めて読ませるのです。

「FROM MY WINDOW 」というタイトルに込められたものを考えると、「窓枠から見るものも、窓枠は同じだけど、見る人によって違うわよね」と言っているのだと思うのです。その上で、「深刻に受け止めることもできるけれど、そうではない見方もできるのよ」と言っているのだと。

これは初期の作品(ハプニング)からも感じられるもので、ジョンさんが作った「イマジン」もそこに影響されていると思っています。

「想像してみなさい」というわけです。

そんな一連の作品に触れていると、何だかやっぱり解き放たれる瞬間があって、「あ~頭を柔らかくしなくちゃいけないなあ」と思うのでありました。

エキセントリックにキーキー言っているようなお婆さまに見えるけれど、とってもやさしさに溢れていると、私は思っています。

「wish tree」。
清澄白河5.jpg

清澄白河6.jpg

ジョン・レノンの命日(現地時間では12月8日だけど)。祈る日にしましょうという、これもコンセプチュアル・アートの一つと言えます。

ジョン・レノンの名前は出さず、wish treeという名のもとに、下手な偶像崇拝にしないところもオノ・ヨーコさんらしいと思います。



ということで、久しぶりの更新はひとまず。



世界に平和を。lasting peace。


nice!(4)  コメント(6)