So-net無料ブログ作成

諏訪大社に秋の風…。さぶっ。 [つれづれ]

今回は長野出張という仕事が続き、不思議なご縁もあるものだという感じであったが、さすがに長旅は疲れを感じる。

な~んて不満もちょっと口にしたくなるが、出張でいいこともある。

出張先の担当者の方が、「せっかくだから諏訪大社にお連れしますよ」と言ってくれたのだ。

うれしー。

地方へ行く楽しみも何もない出張であったから、この人の声は救う神であったことよ。

はい。行ったのは諏訪大社の下社。

      

注連縄 どーん!

     

御柱 どーん!

          

もういっちょ。

          

皆さんもご存じだと思うが、7年に一度行われる御柱祭。日本三大奇祭のひとつといわれている。

じゃあ、あと2つの奇祭はなにさ、と思うが、それはちょっと怪しい……(笑) 調べてみるといろいろと奇祭があるんだ、これが。岡山西大寺の裸祭はそのひとつだとは思うんだけど。まあ、いいや。

ともあれ、町を上げての祭だから、会社を休んで祭に入れ込むのだそうである。

連れて行ってくださった方の話を聞いても、その話す本人がものすごくうれしそうに御柱祭の話をするもんだから、「なんて楽しそうなんだろう」と思わず私もうれしくなってしまった。

田舎がない私には、こういう楽しみがないからねえ……。

 

間隙をぬって、とっても心が和んだ秋のひとときでした。

ありがとう!


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

見事な注連縄、それに・・・あの激しい祭りの御柱、、、確か何年かに1回だったような・・・その時に使った木なのですね。
その方はよほど故郷を愛していらっしゃるのですね。
いい担当さんでよかったですね~~。ボウ中間あり、変換しないヾ(`◇´)ノ
忙中閑あり、よかったですね。
by (2005-11-04 23:02) 

toro

こぎんさん、ありがとうございますー!
本当にいい担当さんでした^^ 
やっぱり祭りは人の気持ちも躍らせるんですね~。
by toro (2005-11-07 13:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。